インプラントをお考えの方の多くは、事故や歯周病、虫歯等で歯を失った方だと思います。
もし、歯を失ったまま放っておくと、両隣の歯が倒れてきたり、咬み合わせで対向する歯が伸びてきたりするということを、今までに何度か記事の中に書きました。

その他に、よく噛めないことで頬の筋肉が衰えて、結果として顔がたるんでしまうということが起こります。

まず、笑顔を作る筋肉である大頬骨筋が衰えると、しわが出来て顔がたるんできます。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2201-b0-義歯関連材料.html

そして、咀嚼するときに使う咬筋(そしゃく筋)が衰えると、しっかりと噛むことが出来なくなって、脳に刺激が伝わらなくなり、その結果痴ほう症につながると言われています。
この二つだけでも、かなり影響があることがわかりますね。

COXO®CX235C低速ハンドピースセットLED付き

次に、口の周囲の口輪筋が衰えることで、口角が下がって不機嫌で老けた印象になります。
他にも、ほほ笑む時に使う笑筋や、口角下制筋、オトガイ筋等があり、それぞれ衰えると、やはり口元が下がって見えるために老けた感じに見えてしまいます。

このように、毎日の食事でしっかり噛むことで、口の周囲にある筋肉を動かし、歯科器材鍛え、それがアンチエイジングに繋がります。
痴ほう症に繋がることもあるので、見た目だけの問題ではありませんね。

他にも、左右の片方の歯だけを使って噛んでいると、全体の骨格のバランスが崩れ、腰痛や肩こり、頭痛の原因になったり、歯は全身の健康にとても重要な意味を持っています。
治療をされる時は、なるべくお早めにされた方が、身体への影響が少なくて済みますので、ぜひ一度北大阪インプラントセンターにご相談くださいね。

関連記事:サボート治療-インプラント治療の成功のカギ
2017/05/25(木) 10:38 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
虫歯や歯周病で歯をぬかなければならない時、ブリッジをかぶせる、部分入れ歯等でなくなった歯を補うのが従来の治療法でした。

ここに新たにインプラントという治療法が加わり、選択の幅が広がりました。義歯関連材料

インプラントはこれらの治療法の中では最も天然の歯に近いといわれ、入れ歯での食べ物の噛み砕きにくさや、ぐらつきや違和感、外れる心配などを解決してくれます。

以前と同じように噛むことが出来るようになるという一点だけを取っても、特筆に値する治療法といえます。

ところがインプラントが必要な患者さんが、必ずしもインプラントについての正しい情報を得ておられないという事実があります。

Woodpecker®歯科外科用超音波骨切削器「Ultrasurgery」

それというのも、インプラントは自由診療で保険がきかないため、歯科医院によって治療費や使用しているインプラント本体のメーカーがまちまちで、それぞれの個々のケースについての十分な情報を得るのが難しいという問題があるからです。

現在ではホームページで詳しい情報を公開している歯科医院も増えたため、歯科用知覚過敏抑制材料インターネットで情報収集することでかなりの知識を得ることが可能になりました。

ただ、患者さんお一人おひとりの場合の価格や治療法など、詳細に関しては一度インプラントの検査を受けて実際に歯科医師に相談することをお勧めいたします。

関連記事:インプラント周囲疾患の治療2
2017/05/24(水) 10:57 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
インプラント周囲粘膜炎とインプラント周囲炎は感染疾患ですので、治療にはインプラント周囲組織の炎症を解消するために感染を除去する目的で行わなければなりません。

従って、これらの状態の治療のゴールは歯周ポケットの封鎖とプロービングによる出血がなくなる状態になるということです。

また、適切なメンテナンスを行うことによって、支持組織の喪失の予防に繋がらなければなりません。

これらのゴールの基本は感染管理という考え方です。
推奨製品:http://www.athenadental.jp/category-2190-b0-デジタルX線センサー.html

インプラント周囲疾患の兆候があるすべての患者に周囲炎についての知識をもってもらい、患者自身の手で感染管理が出来るようにしなければなりません。

Vrn® DTE V1超音波スケーラーI-01

疾患が粘膜炎でもインプラント周囲炎でも、治療の最初の段階は常に感染管理手順が必要になります。

プロフェッショナルな感染管理手順はインプラントと上部構造に付着した硬質・軟質の細菌性付着物のスケーラーによる除去を含みます。

使用する器具でインプラントコンポーネントや周囲組織を傷つけないように注意して下さい。義歯関連材料

歯の周りで通常行っている“歯肉縁下掻爬”のような深い、盲目的な器具操作はインプラント周囲疾患の非外科的治療ではなるべく行わないようにしてください。

治療方針におけるこの違いの理由はねじ山とその他のアクセスの障害を有するインプラントのジオメトリーに関連しています。

盲目的な器具操作により炎症を起こした組織を傷つける危険も強調しなければなりません。


関連記事:噛み合わせが低い時の諸症状について
2017/05/23(火) 14:31 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
インプラントは失った歯を補うだけでなく、歯を噛み合わせの改善にも一役買ってくれます。

さて、噛み合わせが低い時にどのような症状が出るのでしょうか?

まず、噛み合わせが低くなると下顎が後退して顎関節がずれます。歯科器材
顎関節がずれると、関節と関節の間に挟まれた軟骨がこすれてポキポキ音がします。

食事中にものを噛むたびに顎から音がして気になる方がおられます。
一般に顎関節症といわれているものです。

顎関節の位置は耳のすぐ前あたりで、口を開け閉めした時に動く部分です。根管長測定器
耳に近い位置にあるために顎がなる音は聞こえやすく、耳鳴りなどの耳の症状が出る場合もあります。

ジーシー G-フィックス セット 動揺歯固定専用

顎関節のずれが肩こりや腰痛、手足の冷えを引き起こすともいわれており、必ずしも症状が口の周りに出るというわけではありません。

噛み合わせが低くなることがきっかけで、顎関節がずれたりねじれたりすることもあります。ずれやねじれは全身のバランスにも影響が出ますので、片方の方が下がったり背骨が曲がったりする場合もあります。生体情報モニタ

こうなると、症状は全身に及びます。
背骨は感覚神経や運動神経、自律神経に深く関わりますので、それらが圧迫される事で腰が痛くなったり、手足が動きにくい、手足が冷える等の諸症状が出ます。

本当に厄介ですね。
それらの症状が起こらないように、インプラントの被せ物によって一つ一つの歯に確実に良い接触点を与えなければなりません。

関連記事:歯周病で歯がどんどん抜けたがインプラントで噛めるようになった
2017/05/22(月) 10:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
インプラントを合計5本入れた50代女性の方ですが、インプラントで歯が1本、また1本と入っていくにつれて、今まで噛めなかったものもしっかり噛んで食べられるようになってきました。

もう好きな物を存分に食べることはすっかり諦めておられたのですから、ご本人にとっては奇跡のような出来事です。歯髄診断器

とくに今までは手で小さく割って食べていた硬いあられやおせんべいが食べられるようになり、大好きなフランスパンも手でちぎらず噛みちぎることが出来るようになって、美味しいと大満足されていました。

根幹治療をしたために揺れていた歯もしっかりしてきました。歯科ホワイトニング関連用品
歯科医院でクリーニングを受けるようになったこととインプラントでしっかりと噛めるようになった影響か、歯周病で溶けていた部分の骨が回復してきているのです。

加熱管 真空成型器専門用

全ての歯の治療には3年と数か月かかりましたが、どんどん良くなって行っているのがわかったので、全く苦にはならなかったとおっしゃっていました。

今後大切なのはインプラントのメンテナンスです。
同様に天然の歯のクリーニングも大切です。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2158-b0-虫歯診断装置.html

インプラントは違和感がないために、数カ月すると感覚的に自分の歯と見分けがつかなくなります。
しかしインプラントと天然歯とは、毎日のケアの際に注意する点が少し違うため、その違いを認識しながら今後おつきあいしていくことになります。

関連記事:奥歯でも前歯でもインプラントで機能回復できます
2017/05/19(金) 14:32 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
インプラント治療は、失った歯の代わりの義歯を根っこから人工的に作る治療方法です。歯が抜けたあとの顎の骨にチタン製のインプラント体を埋め込み、歯の根っこの代わりにします。その上に被せ物を取り付けることで歯を再建します。歯科器材

歯を失ったことで噛めなくなってしまった食べ物が以前と同じように食べられるようになることで、食事が美味しく楽しくなり、精神的にも表情が明るくなったり積極的になったりと、良い影響があります。

インプラント治療が確立される前は、歯を失った患者さんには入れ歯やブリッジで対応していました。当院を受診される患者さんも、入れ歯やブリッジをインプラントにしたいとおっしゃるかたが大勢おられます。歯科医院用止血鉗子

入れ歯、ブリッジの特徴を以下にまとめてみましょう。

RDT®手用ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル) Kファイル (6本入)

ブリッジは固定式ですので、治療後は違和感がなく普段は全く気にならないと思います。治療のために両隣の歯を削る必要があることが一番の欠点で、土台になる2本の歯の負担が大きく、十数年後には両隣の歯を痛めてしまう可能性があります。保険がきくため治療費の負担は少ないものの、前歯の場合は審美性を考えて自費診療のセラミックにしなければならないかもしれません。

入れ歯は取り外し式で、ブリッジでは治療できないような多数にわたる欠損にも対応できます。噛む力がかなり弱くなってしまうため、硬いものが食べられない、口腔内カメラはめると違和感を感じる、安定しない等の悩みを訴える患者さんもおられます。食後に取り外して隅々まで洗うことで清潔な状態で使用できます。バネ式の入れ歯の場合は、隣の歯にひっかけることで安定させるためバネをひっかける歯には負担がかかり、歯を痛める原因になります。

これらの特徴を比較して、実際に治療をどうするかを歯科医師と患者さんが話し合いながら決めていくことになります。

関連記事:歯列矯正は何歳でもできます
2017/05/18(木) 10:50 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)