世界遺産日本食を産み出した食の究極もあればB級グルメという分野や大食いバトルまで、じつに日本の食文化は多彩です。わたくしが目を見張ったのは6月中旬にたまたまバラエティ番組で見たモスフードサービスの「にくにくにくバーガー」。番組はメニュー開発過程でボツになったものを出演者が試食し、協議の上で復活させるもの。多数の没メニューに大差をつけて復活したそれはいかなるものか?この番組を受けて実際に期間限定で販売されました。焼肉だれで味付けされた牛バラ肉と直火焼チキンを、炭水化物のバンズに代えてパティ(ハンバーグ状の肉)で挟む、まさに「肉×3バーガー」。毎月29日(ニクの日)発売が決定。果たしてこれは多様な日本の食におけるB級グルメのモンスターでしょうか?わたくしはそうは見ていません。歯科技工用

 番組で見たその瞬間に、わたくしが直感したのはバランスです。今、ブーム化している炭水化物ダイエット。炭水化物を減らすことでカロリー摂取を減らすことが可能。まさにそれに見えます。しかしダイエットは超過を減らすことだけをさすわけではありません。足りていないものを摂らねばダイエットではありません。実は日本人、特に高齢者の多くが栄養失調となっています。栄養状態が戦争直後よりも悪いという報告もあり、厚労省もこの数年、高齢者こそ肉食をと呼びかけています。ホワイトニング

にくにくにくバーガーはその視点にマッチしています。実食してみるとモスバーガーらしい優しく甘みのあるソースと新鮮なレタスが三種の肉とマッチしてとても美味しく、お腹の底から元気が湧いてくるようでした。飲み物と合わせるとちょっとしたディナーの出費ですが、もはやハンバーガーというカテゴリーが多様化して、ファストフードから高級ステーキレベルまで多様な存在に成長している現在です。
2017/10/20(金) 17:10 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 【南風原】こども医療費助成事業で窓口負担をなくす「現物給付」を、今年1月に沖縄県内で初めて導入した南風原町が2日、1月から7月までの子ども1人当たりの医療費・受診件数の前年比の伸び率を発表した。歯科以外の医療機関「医科」の1人当たりの受診件数は、現物給付導入前の2016年の前年比6・22%増に対し、導入後の今年は前年比3・26%増だった。安易な受診が増えるとみられがちな現物給付だが、受診件数の伸び率は逆に減少していることが分かった。 歯科レントゲン

 一方、低所得世帯の受診率が低いとされる歯科の1人当たり受診件数は、前年比15・58%増で、受診を控えてきた世帯が通院している傾向が明らかになった。

 医療費の助成対象者は、0歳から中学卒業まで。医科の1人当たりの医療費は、導入前の16年が前年比5・98%増の1804円で、今年は前年比2・98%増の1857円だった。現物給付導入後の医療費の伸び率は、導入前より低かった。

 歯科の1人当たりの医療費は、16年が前年比5・41%増の213円だったが、受診件数の大幅な増加に伴い、今年は前年比27・14%増だった。 シェードガイド


 南風原町の担当者は「国民医療費は毎年伸び、子どもの数も増えているため医療費の合計は増えたが、1人当たりは増えていない。不要な『コンビニ受診』はない」と断言した。

https://latte.la/blog/100215866
2017/10/18(水) 18:18 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 歯の健康シンポジウム2017(主催:日本歯科医師会、協賛:パナソニック株式会社)が10月4日(水)、「今日から出来る口もとビューティー」のテーマの下、354名の参加を得て日本橋三井ホールで開催されました。歯科技工用

 今回で21回目となる本シンポジウムは主に女性をターゲットに据え、「口もとビューティー」すなわち自信を持てる魅力的な笑顔のためには、毎日の正しい歯と口のケアが重要であることを示しました。また、今回もテレビ朝日の番組『BeauTV~VOCE』を通じた歯科啓発を行うべく、同番組と講談社の協力を得て公開収録も行いました。ホワイトニング

 基調講演では、和泉雄一・東京医科歯科大学教授が「すべての女性に知っていただきたい歯周病予防」と題して講演。女性のライフステージごとに注意すべき歯周病のリスクや、予防とケアのポイントなどについて説明するとともに、「健康長寿社会を実現するためには、学童期から歯周病予防・治療を積極的に行うことが大切。今日から口腔の健康管理、ひいては全身の健康管理に努め、“Mouth and Health”で健康な毎日を!」と呼びかけました。続けて、歯科衛生士の北原文子氏がブラッシング指導を行いました。

 シンポジウムの後半では、『BeauTV~VOCE』の公開収録が行われました。モデル、女優として幅広く活躍中の河北麻友子さんの進行の下、タレントのはるな愛さん、基調講演で講師を務めた和泉教授が「口もとビューティー」にまつわるトークショーを繰り広げるとともに、北原氏がブラッシング方法を披露しました。

 なお、収録の模様は11月3日(金)深夜1時50分(O.A後~次回放送までテレ朝動画、TVerで無料配信)に放映される予定です。

2017/10/17(火) 17:25 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 導線(リード)がなく、心臓内に直接装着するタイプのペースメーカー「Micra(マイクラ)」が日本で初めて承認され、医療機器会社の日本メドトロニック(東京)が9月から販売を開始した。

 マイクラは長さ2・6センチ、直径約7ミリの円筒形で、重さは1・75グラム。太ももの付け根から血管に入れたカテーテルで右心室まで運び、形状記憶合金の"かぎ爪"を心筋に食い込ませて直接、装着する。

 患者の脈を検知して、脈が途切れたときに補助的な電気信号を発して拍動を促す仕組み。電池の寿命は約12年を見込んでいる。 歯科用ルーペ

 従来のペースメーカーは、胸などの皮膚の下に本体を埋め込み、リードを血管に通して心臓まで伸ばしていたが、一定の割合で断線やリードによる血管の詰まり、本体埋め込み部分の感染症などの症状が起きていた。

 世界19カ国の医療機関が参加した臨床試験では、従来型と同等の機能が発揮された一方、装着後1年で心筋損傷や感染症などの合併症が起きる割合は、同社の従来型より48%減った。医薬品医療機器総合機構(PMDA)の審査では、日本での長期の安全性、有効性を確認するデータが乏しいと指摘され、承認後も装着患者の長期成績を報告し、適切な措置を講じるよう条件を付けた。 スリーウェイシリンジ


 装着手術は日本不整脈心電学会の基準を満たした施設と実施医が行う。
 費用は手術や入院を含めて150万~250万円。公的医療保険の高額療養費制度が利用できる。装着には患者の活動レベルや年齢などを含めて医学的にさまざまな条件があり、希望者は主治医と相談してほしいとしている。

http://luccye.hamazo.tv/e7676901.html
2017/10/16(月) 18:21 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 使わなくなった入れ歯や抜けた歯に感謝する供養祭(佐賀県保険医協会主催)が7日、佐賀市の潮音寺であった。歯科医ら約10人が出席し、健康に暮らすために歯の大切さを確かめた。歯科技工用

 同協会の新井良一副会長が「歯は健康そのものに影響し、発音や顔の表情づくり、認知症予防にも重要な役割を果たしている」とあいさつ。出席者が持参した約50人分の入れ歯などを供え、副島正幸住職(71)が読経した。副島住職は法話で自身も入れ歯を使っていることを紹介し、「私たちは先祖や周りの人々、物のおかげで生かされている」と語り掛けた。ホワイトニング

 太良町から訪れた歯科助手の女性(27)は「患者さんからは『入れ歯のおかげでご飯が食べられてうれしい』との声をよく聞く。入れ歯を作る技工士さんの存在の大きさも改めて考えさせられた」と話した。

 供養祭は今年で4回目。「入れ歯になる前に」との願いを込め、10月8日の「入れ歯の日」の前日に実施した。

2017/10/12(木) 15:57 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあるので、積極的に摂取することをおすすめします。ビタミン不足によって起こった口内炎は、必要なビタミンが満たされるまで、なかなか治らないこともあるので意識して摂取するようにしてください。

疲労やストレス口内炎が治癒するためには、免疫機能が正常に働いていることが重要です。疲労やストレスが溜まると体内の免疫機能が低下してしまいます。そのため、免疫機能がうまく働かないと、口内炎による炎症がなかなか治らないということにもなります。 歯科用ルーペ

がんなどの病気の可能性なかなか治らない口内炎は、なかにはがんの初期症状など深刻な病気の症状であることもあります。同じタイミングで何か所にもできたり何度も再発したりする場合には、ベーチェット病や全身性エリテマトーデスなどの病気の症状のひとつである可能性もあります。気になる口内炎の症状があるときには専門医に診てもらうようにしてください。 スリーウェイシリンジ


https://ameblo.jp/luccye/entry-12317211287.html
2017/10/10(火) 19:16 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)