お歯黒道具、木製入れ歯、手入れや治療の様子を描いた浮世絵-。開館30年を迎えた神奈川県横浜市中区の「歯の博物館」は、歯にまつわるさまざまなものを展示する。国内に専門の博物館はわずかしかなく、社会科見学の小学生や外国人らが訪れる。歯科技工用

 「お歯黒がない時代に生まれてよかったね」。お歯黒道具や浮世絵を興味津々な様子で見て回った子どもからはこんな感想が漏れ、中高年は昭和期の缶詰の歯磨き粉を見ながら「おばあさんが使っていた」と懐かしむ。ホワイトニング

 博物館によると、日本の近代歯科は、幕末に横浜の外国人居留地で始まったとされる。昭和62年に発祥の地に開館。事前予約が必要だが、珍しさからか近年は来館者が増え、昨年度は過去最多の約600人が訪れた。

 学会で日本を訪れた際に立ち寄る歯科医師の外国人も多いといい、博物館は英訳付きのパンフレットを作成した。

 彼らの目を引くのは木製の入れ歯。日本では室町時代ごろから食事の際の実用品だったが、西洋では見た目を整える装飾品として、近代まで使われていたからだという。

 歯科医師の大野粛英館長(79)は「一式をそろえたお歯黒道具が自慢の一つだが、来館者それぞれの楽しみ方がある。多くの人に来てほしい」と話している。入場無料。予約は県歯科医師会事務局((電)045・681・2172)。


http://athena.kyo2.jp/e522434.html
2018/01/23(火) 15:19 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
口のトラブルのほとんどは、腫れや痛みを繰り返すことが多いもの。落ち着くたびに、「治った」と思い、また腫れや痛みが出ると「やっぱりダメか。でもまたしばらく待てば……」と思い、歯科での治療を先延ばしにしがち。歯冠修復

様子見と放置を繰り返しているうちに、虫歯や歯周病がさらに悪化してしまったケースはよく目にします。エアスケーラー

痛みや腫れの繰り返しは、基本的にはどんなに待っても良い方に改善することはありません。自然に治るわけではないのです。さらに腫れや痛みがひどい時ほど、無痛治療が行いにくいことも忘れてはいけないでしょう。痛くない時が治療のチャンスなのです。

検査もせずに歯や歯ぐきのトラブルをすぐにストレスに結びつけ、「ストレスがなくなれば、どうせ自然に治るさ」といった思い込みは、思わぬ病気を見逃すことに繋がることもあります。かかりつけの歯科医院などを利用して、問題がないかチェックだけでもしてもらうことをオススメします。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/313519289306fba0d5ee5243857fff4e
2018/01/23(火) 15:16 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
顎関節症はセルフマネージメントで症状が改善するケースがほとんどですが、変化がない場合には、医療機関で治療を行います。セルフマネージメントを行い、1~2週間で症状が改善しないときは、専門医に相談しましょう。歯科技工用

上下の歯が当たっていないか確認し、深呼吸をする
無意識のうちにあごに力が入り、上下の歯が当たり続けていると、あごの筋肉に負担がかかってしまうので、上下の歯が当たっていないかどうか、こまめに確認するとよいでしょう。ホワイトニング

平常時、食事中や唾液を飲み込む時以外は上下の歯が当たることはありません。食事中や唾液を飲み込む時以外にチェックをしてみて、10回中4回以上上下の歯が当たっている場合は、無意識に力が入っている可能性があります。あごの負担を減らすためにも、あごが当たっていると気づいたタイミングで都度、鼻で息を吸って口から吐く「深呼吸」をしてみるとよいでしょう。
同じ姿勢をとり続けない
長時間にわたって同じ姿勢が続いているときは、無意識のうちに上下の歯が当たり、歯を咬み続けている可能性があります。定期的に休憩を取りのびやストレッチをして、リラックスするようにしましょう。
ほおづえをつかないようにする
ほおづえをつくと、手であごに圧力を加えてしまうので、あごの関節に負担をかけてしまいます。長時間ほおづえをつき続けると、負担はより大きくなってしまうので、くせになっている場合は意識的に回数を減らしたり長くつかないようにしたりしてください。

http://athena.kyo2.jp/e522212.html
2018/01/22(月) 15:03 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 横須賀市小川町にこのほど移転新設した神奈川歯科大学附属病院=写真=は、1月15日(月)から2月16日(金)まで歯周病や口腔がんおよび大腸がんのスクリーニング検査である唾液潜血検査および便潜血検査を無料で実施する。200人先着順。歯冠修復

 口腔と全身の健康は密接に関わっており、健康長寿の延伸を図るうえで、双方の健康管理と維持が重要であることが明らかとなってきている。同歯科大学附属病院の内科および医科歯科連携センターでは、「口は消化管の入り口、腸は消化管の出口」という観点から、口から腸までの徹底的な健康チェックを実施する目的で医科歯科ドックを開設した。エアスケーラー

 口腔(歯周病・口腔がん・かみ合わせなど)、上部消化管(食道・胃)、下部消化管(腸)および関連臓器である肝臓の最新の検査(唾液検査・超音波・CT・MRI・そして内視鏡など)と医科歯科の専門医(歯周病・口腔外科・かみ合わせ・糖尿病・消化器)によるカウンセリング(要予約)を受けることができる。

 同附属病院の内科医師および歯科医師は「唾液および便潜血は歯周病や口腔がんおよび大腸がん検診の第一歩です。この機会に医科歯科連携検査を是非、検討してみてはいかがでしょうか」と呼びかけている。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/4586dfd34e2ad88dfc4fe6217cb367dc
2018/01/22(月) 14:56 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 15年は日本郵政グループ3社、16年はLINEといった大型銘柄が上場したが、17年最大の上場は佐川急便の持ち株会社SGホールディングス(SGHD)だ。12月13日、東証1部に新規上場した。公開価格(1620円)を17.3%上回る1900円で初値を形成。その後も株価は上昇し、12月29日に2340円の上場来高値をつけた。日立物流との経営統合の思惑が買い材料になっている。歯科技工用

 SGHDの初値に基づいた時価総額は6102億円。ヤマトホールディングス(13日の終値ベースで9680億円)、日本通運(同7445億円)に次ぐ規模となった。従業員持株会が大株主のため、“飛脚便”のドライバーのなかにも大金を得た人がいるとみられている。ホワイトニング

 12月13日にはマツオカコーポレーションが東証1部に上場した。初値は公開価格(2600円)を46.2%上回る3800円となった。ファーストリテイリングが運営するユニクロ向けがメインのOEM(相手先ブランドによる生産)企業。「値がさ株で最低投資単位が440万円のファーストリテイリングに手を出せない向きがマツオカを代替株と捉えている」(市場関係者)。ユニクロ以外の衣料品メーカーに食い込めるかどうかが、今後の株価上昇のカギを握る。マツオカコーポレーションの12月28日の高値は4005円で、上場来高値だ。

 ユニークなのは、歯科材料の通信販売会社、歯愛メディカル。全国の歯科医院の90%にあたる7万件と取引がある。12月18日にジャスダックに上場し、初値は公開価格(3300円)を22.1%上回る4030円をつけた。プロ向けマーケットのTOKYO PRO MARKET(TPM)に上場していた銘柄で、ジャスダック上場に伴いTPMを上場廃止になった。変則的な“くら替え上場”である。

http://athena.kyo2.jp/e522066.html
2018/01/19(金) 15:54 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 町田市歯科医師会(小川冬樹会長)は日頃より、歯科医療を通じ市民の健康を担う役割を持つ。定期的に開催される市民向け公開講座もその一つ。今回は「お口の健康が長生きの秘訣〜歯科医療から認知症の予防を目指して〜」をテーマに開催する。日時は2月4日(日)、午後1時開演(0時30分開場)。会場は町田市民ホール。歯冠修復

 講師を務めるのは神奈川歯科大学大学院歯学研究科教授の山本龍生氏と、テレビ番組『ホンマでっか!?TV』のコメンテーターなど、多くのメディアでも活躍中の人間性脳科学研究所所長で武蔵野学院大学・大学院教授の澤口俊之氏。第一部は山本氏による「歯の健康から考える認知症予防」で、1時15分から2時15分。第二部は澤口氏による「歯のかみ合わせと脳の若返り」。2時25分から3時25分。エアスケーラー

申込みは1/30(火)まで

 参加費無料、定員800人。粗品プレゼントも。申し込みは1月30日(火)午後7時までに町田市イベントダイヤル【電話】042・724・5656へ。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/bd3e39b967e21d0eaca2e36c1a095fb4
2018/01/19(金) 15:50 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)