AIに限界があるとはいっても、そのインパクトは半端ない。今後10年〜20年の間に、ホワイトカラーの半分が仕事を失うほど、急激で大規模な影響が生じる可能性があるという。歯科技工用

著者曰く、発明や新技術の登場で仕事がなくなることは、今に始まったことではない。むしろ歴史はそれを繰り返してきた。近年でも、ATM(現金自動預け払い機)の導入で銀行の窓口業務は激減したし、写真のデジタル化によって街中のDPE(写真の現像・焼き付け・引き伸ばし)の店は姿を消した。ホワイトニング

しかし、AI技術の持つ広汎性、そして効率性が仕事にもたらすインパクトは、質的に大きく違うというのだ。

既に、その兆候は、あちらこちらに見られるようになっている。名の知れた大銀行が次々とICTによる業務効率化によって事務作業を減らし、店舗の統廃合を進めて、万人単位の業務量を削減すると発表したのは、その証左であろう。

これから、私達、人間に問われるのは、「AIにできない仕事」を自分はできるのかという問題なのだ。

http://athena.kyo2.jp/e534113.html
2018/09/21(金) 12:12 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
前述のように、人手不足が深刻化するケアの領域においては、介護ロボットの活躍が期待されている。しかし、著者が指摘するAIの限界は、ロボットを人間が補助的に利用することは可能だとしても、人間に代わってロボットが介護する時代がやってくるには、まだ時間がかかることを示唆している。歯冠修復

2013年に、英オックスフォード大学の研究チームが予測した、AIの普及に伴って10年〜20年後にも残る仕事、トップ10を見ると、何と医療福祉職種が7つも入っている(レクリエーション療法士、メンタルヘルス・薬物関連ソーシャルワーカー、聴覚訓練士、作業療法士、歯科衛生士・歯科技工士、医療ソーシャルワーカー、口腔外科医)。いずれも、コミュニケーション能力や理解力、そして、柔軟な判断力が必要な仕事だ。エアスケーラー

ケアの領域では、まだまだ人間が必要とされており、AIやロボットが代替してくれると考えるのは尚早のようだ。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/e93708e46c56e175c04bb394128db255
2018/09/21(金) 12:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 ―「訪問」のほかに考えていることは。歯科技工用

 (山本)…健康を維持し、健康寿命を延ばす取り組みです。現在、男女とも平均寿命と健康寿命の差は概ね10年ほどですが、言い換えると、約10年間は「健康ではない」ので、何らかの支援(訪問診療、介護など)が必要な状態ということです。健康維持の手助けができれば、寝たきりにならず、高齢者が生きいきと地域で暮らす一助にもなります。まず手始めに健康診断を1年に1回は受けることです。健康寿命が延びれば医療費や介護費の節約になり、財政が厳しい中、医療や介護保険料の削減にもつながります。ホワイトニング

 ―地域包括ケアシステムについての展望を。

 (山本)…取り組みを進めている中で、区民の受け皿として医療を提供できるか、非常に厳しく見ています。具体的には訪問診療ができる医師や歯科医師、薬剤師を確保していくことが一番大変になると思います。また、医療保険や介護保険で何ができるか、など制度自体が一般に知られていません。だからこそ、区民の皆さんには制度などを理解し、また、自分の健康のことを気軽に相談できる「かかりつけ」を持って頂きたいですね。

http://athena.kyo2.jp/e534057.html
2018/09/20(木) 17:48 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 歯科医師会・下山会長(以下下山)…歯科診療所へ通院が困難な患者さんのために、相談窓口として訪問歯科相談ダイヤル(【携帯電話】070・1540・6296/平日10時〜17時)を開設しています。歯冠修復

 特に寝たきりの人は口腔環境を清潔に保たないと誤嚥性肺炎の原因になります。また、介護する人が入れ歯の手入れが分からず使用しないケースも見受けられますが、そうすると食べる機能が衰え、胃ろうや流動食となり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の著しい低下を招きます。訪問歯科をうまく利用し、口腔ケアをしっかり行うことで元気で長生きすることにつなげてほしいですね。エアスケーラー

 薬剤師会・山崎会長(以下山崎)…通院が困難な患者さんに対し、薬剤師は医師と連携して正しい服薬方法や薬の管理をアドバイスしています。薬の副作用で眠気や痒みなどの症状が出ることもあるため、生活環境の中で薬の専門家が患者さんの変化を見ていかなければなりません。また、高齢者は薬の種類が多い上、正しい時間の服薬が必要。そこで、いつ、どの薬を飲めばいいか一目で分かる「お薬カレンダー」や余った薬を回収するバッグも用意しています。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/11435dcd9d1c264ae85aa9c9f3d3ab0b
2018/09/20(木) 17:41 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 歯科医院は医療機器のリース導入で初期投資を抑えて比較的容易に開設できる。このため、患者数が見込める人口の多い首都圏や利便性の高い駅前などに歯科医院の開設が相次ぐ要因になっている。歯科技工用

 歯科医院間の患者争奪戦は激しく、(1990年代に入って保険診療の幅が広がったことで)保険診療だけの経営維持は難しくなっている。生き残りをかけて(高額だが)自由診療のインプラントやホワイトニング、美容歯科など、独自色を出した集客競争が繰り広げられている。ホワイトニング

 さらに、ここにきて歯科衛生士、事務スタッフなどの人手確保へのコスト上昇も大きな課題に浮かび上がっている。

 テナント代や設備投資に加え、詰め物金属など歯材コストも上昇し、歯科医院の経営は年々難しさを増している。こうした環境を反映して2018年4月も2件の倒産が発生しており、歯科医院の倒産は小規模医院を中心に増加をたどる可能性が高い。

http://athena.kyo2.jp/e534030.html
2018/09/19(水) 12:14 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 泉川歯科医院(茨城県)は、地域に根差した歯科医療機関として知られていた。2014年3月期の売上高は5376万円を計上したが、競合や過疎化で患者数が伸びず、2017年3月期の売上高は4746万円まで低迷。さらに東日本大震災の被害に伴う新診療所の開設が負担となり債務超過が拡大し、事業継続を断念。2018年3月、水戸地裁より破産開始決定を受けた。負債総額は8700万円。歯冠修復

 歯科医師国家試験の合格者は2017年が1983名で、ここ10年間では2010年の2408名をピークに毎年2000名前後で推移している。エアスケーラー

 一方、日本の人口は2008年をピークに減少をたどり2017年10月1日時点では1億2670万人と前年比0.18%減で減少率は広がっている。国立社会保障・人口問題研究所によると、将来人口(中位推計)は2055年に1億人を割り込む見込みで、経営環境の改善は難しいのが実情だ。

 患者数が着実に減少をたどる中、厚生労働省が2018年3月に公表した「医療施設動態調査(2018年1月末概数)」によると、歯科医院の施設数は6万8791カ所と10年前の2008年1月末の6万7840カ所から951カ所増えている。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/cefefc2fcdce4f0812c44d9775d27ef8
2018/09/19(水) 12:02 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)