従来、虫歯の治療といえば、歯科ドリルで患部を削るというのが一般的だった。ドリルが発する"キーン"という音に不安や恐怖を感じたり、時には痛みも伴うことから、患者が虫歯の治療をためらっているうちに、悪化させてしまうケースも少なくない。しかし、このほど、不快な音も痛みもなく虫歯を治療できる新たな手法が見つかった。歯冠修復

エナメル質を再石灰化させる実験
米ワシントン大学の研究プロジェクトは、歯の表面を覆うエナメル質の形成に不可欠なタンパク質の一種「アメロゲニン」に着目し、エナメル質を再生させることで、虫歯でできた歯の空洞を治療するという手法を開発。米国化学会(ACS)の科学雑誌「バイオマテリアルズ・サイエンス・アンド・エンジニアリング」で発表した。エアスケーラー

歯のエナメル質は、「エナメル芽細胞」と呼ばれる細胞が「アメロゲニン」などのタンパク質を産生し、これらのタンパク質によって形成されていく。エナメル質が石灰化されると「エナメル芽細胞」は、やがて死滅するため、エナメル質が再生することはない。

一方、虫歯は、細菌が口腔環境で糖などの発酵性炭水化物を代謝し、その副産物として酸が生成され、これが歯のエナメル質を脱灰することから進行しはじめる。

これらのことから、研究プロジェクトでは、「『アメロゲニン』をベースとするペプチドによって、虫歯で空洞ができた歯のエナメル質を再石灰化できるのではないか」との仮説のもと、カルシウムイオンとリン酸塩を使った場合、フッ化物を使った場合など、6つのパターンで、エナメル質を再石灰化させる実験を行った。

http://athena.kyo2.jp/e527749.html
2018/04/20(金) 15:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
藤田は「マウスピース矯正始めました!下の歯並びを!」とマウスピースを持ち、歯を見せて笑顔を見せるショットを公開。昨年コンプレックスだったという前歯の歯並びをセラミックで改善した藤田。「私の歯は歯並びが悪くて上の歯はセラミック6本いれてるんだけどとってもナチュラルに仕上げてもらっててて、下の歯並びも治したいなと思い、マウスピースにしました!」と下の歯はマウスピースで矯正していくことを決めたといい、「透明だからばれないから頑張って治していきます!より笑顔が素敵になれますように!」と前向きにつづった。心電計

また、前歯の治療について知らなかったというファンに、「元の歯けっこうもっと前歯でてて八重歯だったんだよー!」と説明した藤田。「でも整いすぎるまっすぐな歯は嫌だったからわざと前歯でかめで綺麗に並べてもらってるんだ」とこだわりも明かした。マイクロ モーター

ファンからは「いっぱい笑顔見せてね」「矯正頑張って!」「ここるんがさらに可愛くなっていくね」とエールが寄せられている。

芸能界でもHKT48の指原莉乃や最上もがなど、多くのタレントが矯正経験を明かしている。(modelpress編集部)

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/cd2831882cf2c4fb9f6ef8b94aef34e1
2018/04/20(金) 15:46 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 日医工は17日、資本業務提携を結んでいる韓国エイプロジェン社の生物製剤工場が完成したと発表した。総投資額は約240億円で、最先端技術によって生産効率を高めた。日医工は、エイプロジェン社にバイオ後続品(バイオシミラー)の生産を委託している。新工場の稼働によって日本や、今後展開を目指す米国、欧州への安価な製品の安定供給が期待できるとしている。歯科技工用

 エイプロジェン社の子会社、エイプロジェンバイオロジクスが韓国・清州市で建設した。地下1階地上4階で延べ約4万5900平方メートル。生産性が極めて高いとされる細胞培養システムを備える。高品質な製剤を安定供給する「連続生産」にも対応する見通し。ホワイトニング

 新工場は、エイプロジェン社にとって初の生産拠点となる。これまで日医工のバイオ後続品の生産は、韓国内の他社工場に委託していた。同社が直接製造することでさらなるコスト削減につながる。

 バイオ後続品市場の拡大が見込まれる中、日医工は2010年にエイプロジェン社と提携し、後発薬専業メーカーでは先行して研究開発を進めてきた。日医工初のバイオ後続品である抗リウマチ薬「インフリキシマブ」を昨年11月に日本で発売し、米国では臨床第3相試験(フェーズ3)を進めている。日米欧への市場投入を目指している乳がん向け抗体医薬品「トラスツズマブ」についてもエイプロジェン社に生産を委託する方針。

http://athena.kyo2.jp/e527706.html
2018/04/18(水) 12:41 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 ゴールデンウイーク(GW)を控え、金沢市保健所は17日、はしか(麻疹)などの感染症予防に関する注意文書を発表した。沖縄県で3月下旬以降、はしかが流行して50人以上が発症している上、国内外ではしかが散発しているとし、罹患(りかん)したことがない人や、予防接種を受けたことがない人、1回しか受けていない人に任意の予防接種を勧めている。歯冠修復

 市によると、ワクチンの効果を最大限に生かすには接種後、約2週間かかるとされ、計画的な準備を促している。感染した場合は風邪のような症状が続いた後、高熱と発疹などの症状が現れるとし、感染が疑われる場合は空気感染の恐れがあるため、事前に医療機関へ連絡し、指示に従って受診するよう求めている。エアスケーラー

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/e28dfedb164dbf0108b175190f541cce
2018/04/18(水) 12:33 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 知多半島で捕獲された野犬三頭のふんから寄生虫のエキノコックスが検出されたとの県の発表(三月二十八日)は地域の人々を驚かせた。感染が拡大している可能性もあり、人への感染も懸念される。感染を防ぐ方法を県の担当者に聞いた。歯科用ルーペ

 三頭は県動物保護管理センター知多支所(半田市)が、昨年四月~今年二月に知多市と阿久比町、南知多町で捕獲。センターの顕微鏡検査では検体が検出されず、国立感染症研究所の遺伝子検査によって検出された。二〇一四年に阿久比町の野犬で確認されたのに続いて県内で二例目だった。スリーウェイシリンジ

 県健康対策課によると、遺伝子検査は一六年度以後に捕獲した百八十匹の野犬を対象に実施。三月以後には感染した野犬は見つかっていないが、野犬の間で感染が広がっている恐れがある。

 エキノコックスは元々、北海道のキタキツネが持っていた体長五ミリ以下の寄生虫。キツネや犬などに寄生し、野ネズミなどを介して感染が広がる。人には感染した動物のふんの中にある卵をのみ込むことで感染する。

 人が感染すると、十年ほどの潜伏期間を経て、腹部が張って黄疸(おうだん)が出るなどの症状が出る。放置すると肝機能不全を起こし、死亡することもある。流行地域の北海道では年間に十人ほどの患者が出ている。

 県健康対策課の長尾治主幹によると、予防に有効なのは、野山に行った後の手洗い。野犬や野生動物に触れないこと、山菜はきちんと洗い、川の生水は飲まないことなどが挙げられる。

 ペットの犬への感染にも気を付ける必要がある。エキノコックスに感染した野ネズミを食べることなどで感染するため、拾い食いをさせない。感染してもすぐに動物病院で受診して駆虫薬を飲めば駆除できる。

 長尾主幹は「野山にむやみに行かないのが一番だが、手洗いが重要なのは他のさまざまな感染症と同じ。しっかり対策をしてほしい」と呼び掛ける。

http://athena.kyo2.jp/e527663.html
2018/04/17(火) 14:42 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかり静養中の翁長雄志沖縄県知事は16日、12日ぶりに県庁に登庁した。部局長を交えた週初めの政策会議に出席するためで、体調について翁長知事は「会見した時から変わらない。チェックチェックでしっかり元気に頑張っている」と記者団に語った。歯科用インプラント機器

 政策会議では麻疹(はしか)対策など主要業務の状況を確認した。出席者によると「自分が休みの間もしっかり頑張ってほしい」と呼び掛けたという。歯科用オイルレス

 翁長知事は精密検査で膵臓に腫瘍が見つかったことを公表した。腫瘍を取り除く手術まで、登庁せず静養に充てている。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18491296.html
2018/04/17(火) 14:38 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)