皆様の人生を長期的視点でみたとき、歯の健康が得られている方の人生は大変素晴らしいものになる! ということを、日々の臨床において多くの患者さんを見るたびに実感しています。

しかしながら、今でも多くの方が「痛い・ 詰め物がとれた」などの問題が生じてから歯科医院へ緊急的に駆け込む「場当たり的な、事後対応の歯科医療」になっているようです。 歯科レントゲン

子どもの頃は定期的な歯科検診がありますが、大人は何か問題が起こらない限り検診を受けるきっかけがありません。しかし、歯の健康は知らず知らずのうちに損なわれている可能性があります。また、歯のトラブルは想像以上に日常に支障をきたします。ですから、本来は「予防」「メンテナンス」をして健康状態をキープすることが理想的なのです。実際、欧米では「事前対応の歯科医療」の方が一般的です。

歯科医師としてお勧めしたい「事前対応の歯科医療」とは、3つのステップで成り立っています。

1. まずは自覚症状の有無にかかわらず歯科医院へ予約をとって、口腔内の検査を受ける。
2. そして歯科医師によって問題ありと診断された場合には、的確な予防管理のもと重症化しないうちに然るべき処置を済ませる。
3. 問題なし または問題歯の処置後に、定期検診にて以下の点などを確認していき、口腔内のレベルを高い位置に保っていく。 シェードガイド

・新たな問題が生じていないか?
・材料劣化は生じていないか?
・歯磨き等の予防管理が自己流になっていないか?

「事前対応の歯科医療」は初期のうちは大変なのですが、それを乗り越えてしまえばとても快適、そして経済的に過ごすことができます。皆様におかれましては、口腔内の健康を健康な状態に保つために、ぜひ「事前対応の歯科医療」をお勧めしたいと思います。

http://waterpick.hatenablog.com/entry/2017/12/05/174205
2017/12/07(木) 17:28 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
東京医科歯科大学の松元亮准教授、名古屋大学の菅波孝祥教授らは、機械とたんぱく質を使わないカテーテルだけの人工すい臓を開発した。糖尿病モデルのネズミの実験で効果を実証した。従来のインスリンポンプのようなセンサーのメンテナンスが必要ない、安価で丈夫な人工すい臓として利用が期待される。成果は米科学誌サイエンス・アドバンシーズに掲載された。歯科技工用

既存のインスリンポンプは、腹部から体内にカテーテルと呼ばれる細い管を通してインスリンを放出し、血糖センサーを搭載した機械で調整する。センサーは定期的な精度管理が必要な上、針などの消耗品が月に3万円程度かかるなど経済的にも負担があった。ホワイトニング

開発した人工すい臓はセンサーが不要で、カテーテルのみ体内に埋め込んで使う。インスリンを放出する直径1・2ミリメートルのカテーテルには小さな穴があいていて、血液中のグルコースと可逆的に結合するゲルが詰まっている。血液中のグルコース量が正常なときは、ゲル表面がプラスチックの皮のようなものが張った状態だが、グルコースが増えてゲルの成分と結合すると、ゲルの水分量が変わって軟らかくなってインスリンが放出される仕組みだ。

1型糖尿病モデルのマウスを使った実験では、10日間皮下にデバイスを留置したところ、糖尿病の指標となる「HbA1c」が低下していた。松元准教授は、「現在は中・大動物を使った実験に移っている。4―5年をめどに、ヒトへの使用を目指したい」と話す。

http://athena.kyo2.jp/e517684.html
2017/12/05(火) 16:08 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
「一体どうしたらここまで悪くなるの?」診療を行なっていると、まれにこんな患者さんに出会うことがあります。そういった患者さんに共通しているのは、「歯科医嫌い」。歯が痛くても我慢して何とか乗りきろうとしてしまうようです。歯科技工用

虫歯や歯周病があまりに進行した状態で治療開始すると、完治まで1年以上かかることも。実際の臨床現場で診た経験から、歯をボロボロにしてしまう患者さんに共通している歯に悪い習慣ワースト5を紹介します。ホワイトニング

第5位 間食
間食を含め食事を行なうと、プラークが付着している部分の表面がわずかに溶け出し、初期虫歯が発生しやすくなります。

さらに溶け出した部分が唾液による再石灰化により回復するには数時間かかるため、砂糖を含む間食をだらだら続けると、虫歯が多発する状態に陥るリスクが高まります。

酸性食品や甘い物などを食べた後は、間食や食事の間隔をしっかり空けて、だらだら食べをしないことが大切。間食が多い人ほど、虫歯のリスクは高まります。

http://athena.kyo2.jp/e516702.html
2017/12/04(月) 17:24 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 歯科技工会社のアジャスト(鹿児島市)は、入れ歯専用の歯磨き器「デンチャーブラシ」を開発した。入れ歯を容器内で回すだけで汚れを落とせる手軽さが特長。介護施設や高齢者世帯への普及を目指している。歯科技工用

 入れ歯の手入れは、歯を手に持ってブラシで磨いたり洗浄液に浸したりするのが一般的だ。手間や時間がかかるため、手入れを避ける利用者も多く、口臭や病気の原因になっているという。ホワイトニング

 税抜き2500円。アジャスト販売事業部=090(3192)6305。

http://athena.kyo2.jp/e516631.html
2017/11/29(水) 12:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 4人組ボーカルグループ・GReeeeNが、来年6月10日に福島県南相馬市で開催される『第69回全国植樹祭ふくしま2018』の大会テーマソング「福ある島」を書き下ろしたことが明らかになった。歯科技工用

 『全国植樹祭』は1950年以来、毎年春に開催地を変えて行われている国土緑化運動の中核的な行事。全国各地から集まる多数の参加者によって記念植樹が行われるもので、2018年は福島で実施される。ホワイトニング

 GReeeeNのHIDE、navi、92、SOHの4人は、歯科医を目指して進学した福島の大学で2002年に出会い、グループを結成。07年1月のメジャーデビュー後も福島に在住したまま活動していたが、歯科医師としての業務のため、2013年に離れ離れとなった。それでも、GReeeeNにとっては結成の地として、福島はかけがえのない心の故郷となっている。

 福島への恩返しとしてテーマソング「福ある島」を書き下ろしたGReeeeNのメンバーは「僕達GReeeeNの大切な故郷、『福島』から今回のお話をいただき、大変光栄に思っております」と気を引き締め、「植樹祭で植える苗木達が福島の未来にかけがえのない、大きな森へと育っていくように、この曲も皆さんに愛され、大きな木になれればいいなと願っております」とのコメントを寄せた。


http://athena.kyo2.jp/e516573.html

2017/11/27(月) 12:26 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)
 20日深夜配信のネットバラエティ『妄想マンデー』(AbemaTV)で、アラサーグラドルたちがセクシーショットを連発した。歯科技工用

 この番組は、メインMCのお笑いコンビ「アルコ&ピース」がアシスタントを担当するグラドルの今野杏南(28)やフリーアナの塩地美澄(35)と共に"男の妄想をかき立てるエッチな企画"を実施するバラエティ。「妄マンガールズ」と名付けられたグラドルたちが水着でゲスト出演し、カラダを張って刺激的な企画に挑戦する。ホワイトニング

 今回は「妄マン秋のアラサー祭り」で、ゲストは来月26日の誕生日で30代に突入する白川未奈と今年5月に30歳となった舞希セナ、そして9月に30歳の誕生日を迎えた光部るる(こうべ・るる)。3人はビキニの上に「はっぴ」と「ふんどし」を身につけ、神輿を担ぎながら「わっしょいおっぱい!」の掛け声と共にスタジオに登場した。

 さっそく3人は、挨拶と同時に自己アピールを開始。「社会人ラップ選手権」への出場経験もある白川は、「甘いまんじゅうより熟した30(さんじゅう)!」と韻を踏みながら92センチ爆乳を揺らす。さらに、極小タイプのビキニを身につけた舞希は、自らカメラに寄ってたわわな下乳を披露。そして光部は、「熱・のど・君に"るる"が効く~♪」と風邪薬のCMソングと自分の名前をかけて可愛らしいポーズを決めた。

 その後も3人は、それぞれのコーナーでチャームポイントを猛アピール。現役歯科衛生士でもある舞希は、ビキニの上からふんどしを締め、頭にハチマキを巻いた姿で、アルコ&ピースの酒井健太(34)の口の中を覗くマニアックなミニコントに挑戦した。

http://athena.kyo2.jp/e516450.html
2017/11/25(土) 15:39 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)