子供から大人まで、笑顔で終われる歯科治療を実現

株式会社BiPSEE(東京都渋谷区、代表取締役 松村雅代)は、2018年5月8日より、「BiPSEE歯科VR」のブラッシュアップに協力頂けるパートナー歯科医院の募集を開始します。対象は東京23区内の20歯科医院。2か月間の無料体験を通じ、「患者さんの不安を軽減し、治そうとする力を引き出す歯科治療」を広めていきます。歯科技工用

「BiPSEE歯科VR」は、歯の治療中に患者さんが装着するVRサービス。ゴーグルで視界が遮断され、動画に集中することで患者さんの痛みと不安を和らげます。姿勢誘導技術(特許出願中)により治療に最適な姿勢を保つことができるため、歯医者さんにも好評なVRツールです。2017年にリリースしたβ版は、10歯科医院で導入されました。アンケートでは、96%のお子さんが“歯医者さん、楽しかった!”と答えています。ホワイトニング

「BiPSEE歯科VR」開発のきっかけは、小さなお子さんの歯科治療をトラウマにしたくない、という歯科医師の思いでした。お子さんは不安・怖れが強い上に言葉でのコミュニケーションが難しく、身体抑制(複数のスタッフがお子さんの身体を押さえつける)が選択されることもあります。本人はもちろん、親御さんにとっても歯科医師・スタッフにとっても大変つらいものです。

心療内科医である代表の松村にとって、歯科治療に対する不安の軽減は馴染みのある分野でした。心療内科は心身医学(身体だけではなく心理的社会的側面から症状を診る)を基盤とした内科。心身医学は歯科・小児科等でも実践されているアプローチです。治療を繰り返しても治らないかみ合わせの違和感や、原因不明の歯の痛み等で歯科医師と連携した経験がありました。

大切にしたことは3点です。

単に動画を見ることで気を紛らわせるのではなく、姿勢誘導技術(特許出願中)を用いて、無理なく正しい姿勢をキープできるようにする。
歯科治療が可能になる3歳のお子さんも使えるよう、斜視のリスクが懸念される3Dではなく安全な2Dの動画を用いる。
スタンプ機能(画面上にイラストやメッセージを表示する機能)を活用し、治療中のコミュニケーションをサポートする。

http://athena.kyo2.jp/e529134.html
2018/05/25(金) 17:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 歯と口の健康に関する情報発信、普及啓発を目的とした「三浦市歯のフェスティバル」が、6月10日(日)に催される。午後1時から4時、会場は三浦市民ホール。歯冠修復

 「歯と口の健康週間」にあわせて毎年開かれている同イベント。今年は「歯磨きで 朝から輝く 三浦っ子」と題し、午後2時から「幼稚園・保育園児よい歯の子」「小・中学生ポスター優秀作品」などの表彰式が行われる。当日は、歯科医による健診・相談、歯科衛生士会のハミガキ指導、食育に関する展示などが設けられている。入場無料。エアスケーラー

 詳細は市健康づくり課【電話】046・882・1111(内線370)

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/cca72af32444368a2e2979e6992f15b6
2018/05/25(金) 17:03 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 蛍光色素を使った研究用試薬を販売する五稜化薬(札幌)は、がん細胞に触れると光る試薬を開発し、乳がん手術での臨床試験を始めた。医療現場で効果を見極め、早ければ来年度中にも実用化の承認を申請する。手術中に簡易な手法でがんの有無を把握できれば、がんの取り残しを防ぎ再発を減らすとともに、より多くの部位を温存できる。研究用技術の転用で、がん手術の質を高める。歯科技工用

 五稜化薬が臨床試験を始めたのは、スプレーすると、がん細胞が出す物質に反応して光る医療用の蛍光試薬。無色透明の液体だが、がん細胞に触れると数分でがんの部分が明るく光って見える。乳がん手術では、切除した検体の切断面にがん細胞があるかどうかをその場で視覚的に判断しやすくなる。切断面にがん細胞があれば、体内に残っている可能性が分かるため、取り残しの防止につながる。ホワイトニング

 臨床試験は昨年から、福岡市の福岡県済生会福岡総合病院で始めた。臨床データを2年ほど集めてから、医療現場で利用するために必要な国の承認を受ける申請をする。保険適用の手続きなどにも時間がかかるため、医療現場での実用化は数年後になる見込みだ。

 また、人体から切り離した検体だけでなく、人体の中で直接使うための臨床実験も今後、実施する考えだ。具体的には食道がん患者の体内で患部にスプレーし、がんを光らせて患部を可視化してから、内視鏡で切除する手法を想定する。

http://athena.kyo2.jp/e529021.html
2018/05/23(水) 18:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 いわき市消防本部は6月1日から、負傷者や急病人の応急手当てに対する不安解消を図るため、県内で初めて「バイスタンダーサポートカード」の運用を始める。歯冠修復

 負傷者や急病人が出た際、救急隊到着までの間、救急現場に居合わせた人(バイスタンダー)による応急手当てが人命救助にとって大きな鍵となる。エアスケーラー

 市消防本部は6月までに、市保健所とも連携して感染症や手当て後の精神的ショックなど、応急手当てに携わった人が感じる不安を和らげるサポート体制を構築する。

 カードには、対応窓口となる市消防本部の連絡先を感謝のメッセージとともに記載。駆け付けた救急隊員が応急手当ての対応者に渡し、サポートの窓口などを発信していく考えだ。バイスタンダーの勇気に寄り添う一枚として期待される。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/fd9b0224f44873b4bb9da01f1038daec
2018/05/23(水) 18:08 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 ここ数年、新しいがん治療として、免疫チェックポイント阻害薬が脚光を浴びています。この治療は皮膚科領域の悪性黒色腫(メラノーマ)で研究、開発が進み、日本では臨床の場でも、2014年にメラノーマが最初に認可されました。歯科技工用

 がん薬物療法は、主にDNA合成や細胞分裂を阻害する殺細胞性抗がん剤や、がん細胞の増殖シグナルを抑制する分子標的薬が使われています。一方、免疫チェックポイント阻害薬は、がんによってブレーキがかかった免疫の攻撃力を回復させる治療法であり、従来のがん治療薬物と異なる作用を持ちます。ホワイトニング

 人の体には、免疫をつかさどる数種類の細胞があります。免疫には、自分に対して不適切な攻撃がされないようにするためや、過剰な炎症反応を抑制するためにブレーキをかけるいくつかのスイッチがあります。スイッチを入れるには、鍵(リガンド)と鍵穴(レセプター)のような対になった分子の結合が必要です。がん細胞はさまざまな方法で生来、人が持っている免疫にブレーキをかける鍵を作ります。それを利用し、免疫から逃げて体内で生存、増殖しています。

 その鍵の一つが、PD-L1という名前のタンパク質です。免疫にかかわる細胞には、PD-1と呼ばれる鍵穴があります。このPD-1(鍵穴)が、がんの持つPD-L1(鍵)と結合することで、免疫細胞のブレーキにスイッチが入り、攻撃が弱まってしまいます。そこで、この鍵穴に鍵が入らないように、ふたをしようというのが免疫チェックポイント阻害薬の役割です。免疫細胞の鍵穴をあらかじめふさいで、がん細胞の鍵が入らないようにすれば、スイッチは入りません。その結果、免疫細胞はがん細胞を攻撃し、がん細胞が増えるのを食い止めることができると考えられています。岐阜大学医学部付属病院皮膚科では、14年に保険で使えるようになって以来、多数のメラノーマの患者さんに対し、免疫チェックポイント阻害薬による治療を行っています。多くの患者さんで優れた効果が現れていますが、残念ながら効果が乏しいこともあります。どういう患者さんが効きやすいかは世界的に研究されていますが、まだはっきりしたことは分かっていません。

 副作用に関しては、今までの抗がん剤のような脱毛や吐き気などの副作用はまれですが、免疫のブレーキが外れることで本来攻撃してはいけない自分自身を攻撃し、思わぬ副作用が出現することもあり、慎重に治療を行っています。

http://athena.kyo2.jp/e528928.html
2018/05/21(月) 18:23 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯ぎしりが起こるメカニズムがまだ不明なため、歯ぎしりを完全になくす治療法がないのが現状です。いろいろな対症療法を組み合わせていくのが、現実的といえます。歯冠修復

不安やストレスは歯ぎしりの原因の一つですから、リラクゼーションやストレス管理は重要です。せめて寝床に就く前の1時間はリラックスタイムにして、自分の好きなことを楽しんでください。布団に入ったら悩まず、「明日はきっといい日になる」と自己暗示をかけましょう。エアスケーラー

通販などで買える軟性マウスガードは手軽に使えますが、長期的な管理にはやや不向きです。使用者の半数では、マウスガード自体がストレスとなって、歯ぎしりが増えることもあり要注意です。

歯科で作ってもらう硬い口腔内装具(スプリント)は、上顎の歯を覆って歯ぎしりした時の機械的負担を減らすものです。ただし、必ずしも歯ぎしりが減るとは限らず、悪化させる症例もありますので、事前に歯科医とよく相談しておきましょう。

歯や顎の痛みが強いときには、非ステロイド性消炎鎮痛薬が処方されることがあります。血圧を下げる薬の1つであるクロニジンは、歯ぎしりを60%減らすと報告されています。ただし副作用として、起床時の低血圧やめまいを起こすことがあります。

先にも述べましたが、胸やけやムカツキがある人は、逆流性食道炎が歯ぎしりを起こしている可能性があります。かかりつけ医や消化器科で逆流性食道炎の治療を受ければ、歯ぎしりも減るかもしれません。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/f2b2af22809339bab9f34a63e35ffe75
2018/05/21(月) 18:18 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)