双葉地方の2次救急医療拠点となる富岡町本岡字王塚の「県ふたば医療センター付属病院」の診療開始日が4月23日に決まった。24時間365日対応で救急医療を担うほか、緊急被ばく医療や在宅医療、健康支援などにも取り組み住民の帰還や企業進出など双葉地域の復興を医療面で支える。歯科用ルーペ

 9日に福島市で開かれた双葉郡など避難地域の医療提供体制を考える検討会で県が報告した。スリーウェイシリンジ

 対象となる患者は原則、救急車で搬送された患者や地域の医療機関が開院していない時間帯に急な発熱などで来院した患者、地域の医療機関で対応困難な患者。鉄骨2階建てで1階に全室個室の病室30床や診察室など、2階には医局や会議室を設置。隣接地にはヘリポートを構え、医師の移動や患者、薬品の搬送に使える「多目的医療用ヘリ」を導入する。

 医師は福島医大から派遣を受け19人が交代で勤務し、日中は平日が4~5人、休日は3~4人、夜間は2人体制を検討。看護師30人と作業療法士、診療放射線技師らを合わせると医療スタッフは約70人となる。病院長には田勢長一郎ふたば救急総合医療支援センター副センター長が就く。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201802110001/
2018/02/12(月) 15:56 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 小児患者に寄り添い、治療への不安や緊張を和らげるホスピタル・プレイ・スペシャリスト(HPS)について学ぶ催しが十日、静岡市駿河区の県立大短期大学部であった。HPSに関心のある医療関係者ら百六十人が参加し、実例を学んだ。歯冠修復

 HPSは、遊びを通して子どもたちが病気を理解する手助けをし、治療への不安を軽減する医療専門職。日本では同大短期大学部の松平千佳准教授(52)がイギリスから取り入れ、二〇〇七年に養成講座を始めた。現在は年間二百時間以上の講座を受けた医師や看護師、歯科衛生士ら百七十人が全国で活躍する。エアスケーラー

 催しでは現役のHPSらが講師を務め、小児患者に人気の遊びを紹介。血液採取や家族からの差し入れなど入院から退院までの出来事を書き込むすごろく作りや、絵の具を混ぜたシャボン玉液をぶくぶくと泡立たせて紙に写し取る遊びなどを体験した。

 松平准教授は「医療が高度化し、放射線治療など体への負担が大きい治療も増えている。子どもたちを支えるHPSがもっと増えてほしい」と役割の重要性を語った。


http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/ae87f35f819d415b42a5ec55f6926ae0
2018/02/12(月) 15:53 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
口の中だけでなく、胃腸からの口臭ということもあります。胃腸で異常発酵したガスが身体に吸収され、血管内を通り肺に運ばれ、吐く息に悪臭ガスが混じることで、息も臭くなります。そのため、腸内環境を良好に保つことが口臭の予防につながります。歯科技工用

<においが強い食べ物対策>
実際ににおいが強い食べ物を食べるときの予防策としては、飲食をする前に乳製品を摂取するとよいでしょう。乳製品のタンパク質が胃に膜を張り、食べ物やアルコールの臭い成分が全身の血液を循環することを防いでくれます。ホワイトニング

食前もしくは食事中に、乳製品を摂取しましょう。

口臭の改善方法
口臭の原因は、90%が口腔由来、10%が内臓疾患由来のものだと言われています。
原因を特定できたら、それに適した治療をすれば、おのずと改善していきます。
口腔由来のものには、「虫歯」「歯周病」「舌の汚れ」があります。
虫歯になると、虫歯の原因菌が歯を酸で溶かし、そのときに発生する匂いが口臭となります。そのため、虫歯の治療をしないで放っておいてもよくなることはありません。

http://athena.kyo2.jp/e524476.html
2018/02/11(日) 15:37 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
<一番の予防法は”口の中を乾燥させない”こと>

起床時は、就寝時に唾液が減少したことで、口の中の細菌が増加しています。歯冠修復
歯磨きをして物理的に細菌数を減らしたり、コップ1杯の水を飲んだりと、細菌を洗い流すようにしましょう。

また、朝食を摂ることで唾液が分泌されるので、口臭予防にもなります。エアスケーラー
<自律神経も唾液分泌に大きく関わっている>
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、ストレスや緊張で交感神経が優位になると、唾液の分泌が減ってしまいます。

緊張で唾液の分泌が減っているときは、リラックスできるように心がけ、副交感神経を優位にしましょう。

応急処置として、口に水を含んだり、ガムを噛んだりすることで唾液を出し、口の中の乾燥を改善しましょう。また、酸っぱいものを想像して、唾液を出すのもオススメです。殺菌効果のあるカテキンを含む”緑茶”を飲むのもいいですね。

私たちが寝ている間、細菌は口の中に残った食べかすや、舌についた汚れを分解し、口臭の原因を作り出します。その原因となる食べかすや汚れをできるだけ除去するため、寝る前の歯磨きは時間をかけてていねいに行いましょう。

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/72df382dc5e0945a2cb90fab748bd937
2018/02/11(日) 15:27 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 1月29日~2月4日の県感染症情報によると、80定点医療機関のインフルエンザ患者報告数は前週から39人減の4405人で、2週連続で減少した。県健康危機管理課は「わずかに減ったが、ピークは続いており注意が必要」としている。歯科技工用

 定点当たりの患者数は55・06人で、県全体で警報レベルが続く。御船を除く10保健所地域で警報レベルを超え、菊池(75・63人)、人吉(75・40人)、宇城(63・17人)などが特に多い。ホワイトニング

 型別の迅速検査では、B型が9割弱を占める。B型にかかった後A型にかかる例もあり、同課は「手洗いやマスク着用による『予防』の徹底と、せきやくしゃみを人に向けない『うつさない』両方の対策をとってほしい」と呼び掛ける。

 咽頭結膜熱(50定点)が17人増の40人で、菊池が警報レベルにある。百日ぜきが1人、報告された。(林田賢一郎)

http://athena.kyo2.jp/e524430.html
2018/02/09(金) 16:13 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
医療用セラミックスの世界市場規模は2017年の推計133億8000万ドルから、今後2022年には184億5000万ドル市場に拡大すると予測されます。活発な新製品開発、形成外科用途の需要増加、関節置換処置数の増加などは、同市場の支持要因に挙げることができるでしょう。歯冠修復

当レポートでは、2022年に至る医療用セラミックスの世界市場予測(市場規模US$)、マテリアルタイプ別市場(生体不活性セラミックス各種、生体活性セラミックス各種、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス)、用途別市場(歯科用途各種、整形外科用途各種、心血管系用途、外科用器具、診断機器、形成外科各種、その他用途)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、医療用セラミックス市場の現在と今後展開を予測分析していきます。エアスケーラー

用途別、市場-2022年
歯科用途
・歯科インプラント
・歯科用クラウン/ブリッジ
・ブレース
・インレー/アンレー
・歯科用骨移植片/代替物

http://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/20bdb451f114e8fa3b6b40ba69a84078
2018/02/09(金) 15:41 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)