東京医科歯科大歯学部付属病院(東京都文京区)で、歯科医師の首や腹を刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで、日本医科大医学部4年の渡辺祐介容疑者(30)が現行犯逮捕された。現役の医大生が病院内で刃物を振り回した凶行の裏側には、いったい何があったのか。歯科技工用

白い巨塔に響いた怒号

 「てめえ、何してくれてんだよ!」。男の怒号とともに、女性の悲鳴や診察台が倒れるもみ合いの音が病院の静寂を切り裂く。人命を救う医師を目指すはずの医大生が手にしたのは、メスではなく刃渡り約21センチの牛刀やナイフ。白衣の下に刃物を隠し、外来患者で混み合うフロアを抜けて処置室に入ると、いきなり勤務中の男性歯科医師(41)に切りかかった-。ホワイトニング

 事件が起きたのは午前10時半ごろ。診察に訪れていた墨田区の女性(39)は、「先生が刺された!」という職員の叫び声で身体が凍り付いた。診察や治療はストップし、職員たちがフロアを慌ただしく駆け回る。外来患者への詳しい説明はなく、「急病人が出たのでしばらくお待ちください」とアナウンスが流れたのみだった。

 渡辺容疑者は間もなく処置室にいた他の医師らに取り押さえられ、病院職員が「医師が刃物で刺された」と110番通報。駆けつけた警視庁本富士署員が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。首や腹を刺された歯科医師は担架で運ばれており、目撃した女性は「顔にガーゼが貼ってあって痛々しかった」と証言。歯科医師は3週間の重傷を負ったが、命に別条はなかった。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201710300001/
2017/10/31(火) 17:31 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
抜いた部分を吸わない

抜いた穴に食べかすが入ったとしても、吸い取ったりしてはいけません。勢いよく吸い取ると、抜歯部分にせっかくできた血の塊を剝がしてしまうことにつながります。歯科技工用

当日は血行がよくなることを避ける

抜いた当日は激しい運動や飲酒、湯船につかるなどの血行がよくなることを控えましょう。血が止まりにくくなり、血の塊ができなくなる原因となります。ホワイトニング

たばこを吸わない

喫煙は治りが遅くなったり、血行が悪くなったりする原因になります。抜歯後最低1週間ほどはたばこを控えるようにしてください。

ドライソケットになりやすいのは下の親知らずです。

歯茎に埋もれているなどの理由で不潔になっていることが多く、細菌感染を起こしやすい下顎の骨が緻密で硬いため、出血しにくい。硬い骨にがっちり埋まっていることが多く、難抜歯になることが多い。

これらの理由によって、ドライソケットになりがちです。自然にドライソケットになってしまうケースもありますが、上にあげた注意事項をしっかり守ることでドライソケットになることを回避できることも多いのが筆者の実感です。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201710270001/
2017/10/30(月) 14:54 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 政治団体「日本歯科医師連盟(日歯連)」の迂回献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入、量的制限超過)の罪に問われた元副理事長村田憙信被告(72)の論告求刑公判が24日、東京地裁(前田巌裁判長)で開かれた。検察側は禁錮2年6月を求刑した。歯科技工用

 検察側は、参院選立候補者側への寄付について、被告が日歯連の常任理事会で「迂回の形を取る」と説明していたと指摘。「組織の利益を最優先し、国民の政治不信を招く悪質な犯行だ」と述べた。弁護側の最終弁論は11月16日に実施される。ホワイトニング

 日歯連の前会長高木幹正被告(72)と元会長堤直文被告(75)も規正法違反罪で起訴され、公判中。

http://athena.kyo2.jp/e515047.html
2017/10/27(金) 17:29 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
医療法人RDC(所在地:埼玉県さいたま市、理事長:酒井 亮)は、株式会社 医療予約技術研究所(所在地:東京都港区、代表取締役:熊野 なおゆき)と協力の元、同社が開発する受付・予約機能を搭載したロボットおよび患者さまの予約、管理を行う統合型医院管理システムを日本で初めて、歯科医院に導入を行いました。歯科技工用

■開発導入の背景
酒井理事長は今までの歯科医院経営を通じて、大きく二つの課題を抱えていました。一つは歯科医院における人材の定着難。歯科業界は歯科医師や歯科衛生士の人材不足だけに留まらず、医院の顔・フロントである受付業務を行うアシスタントも、なかなか定着することが難しい状況になっています。ホワイトニング
これは歯科の受付業務の煩雑さも然ることながら、患者さまとのコミュニケーションを円滑に図る上では、ある種俗人的な要素が強くなってしまうこと、コミュニケーションスキルを歯科医院において向上させるプログラムが定着していないこと、また医院の受付マニュアルを開発しても、管理運営のノウハウがなく
マニュアルとして活用しきれていないことが問題になっていました。
2つ目は、無断キャンセルによる機会損失が起こることでの経営への打撃。これは同時に患者さまの予約利便性が低いことによる、患者さまのストレスを軽減できていないことがその理由として挙げられます。

この2つの課題を同時に解決するために、受付人材に変わるロボットを導入するということではなく、現状の受付の業務を補完するロボットを導入し、ロボットをマニュアル運営の機軸にすること。またロボットに受付業務以外の予約業務をかせることで、患者さまの利便性を向上させ、且つワンストップで予約の管理が、歯科医院側でもできることを可能にするシステムを、医療予約技術研究所の協力を経て開発することとなりました。

■患者さまへの提供サービス
患者さまにおける機能と役割、当該サービスを導入することでの利便性とそれにおける効果を整理いたします。
(1)Pepperによる受付業務
来院した患者さまの受付対応。
(2)Pepperに搭載したアプリによるカウンセリング機能
歯科医院でのカウンセリング機能を、パターン化し且つさらにAIを活用し学習させることで、人が対応するに近いレベルでのカウンセリングを実現します。
(3)Pepperによる予約受付・管理
予約しシステムとの連動を図り、且つ(2)のカウンセリング同様学習機能を活用し、最適な治療時間の算出などロスを最小限した予約管理が可能になります。

http://athena.kyo2.jp/e514834.html
2017/10/26(木) 16:02 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 世界遺産日本食を産み出した食の究極もあればB級グルメという分野や大食いバトルまで、じつに日本の食文化は多彩です。わたくしが目を見張ったのは6月中旬にたまたまバラエティ番組で見たモスフードサービスの「にくにくにくバーガー」。番組はメニュー開発過程でボツになったものを出演者が試食し、協議の上で復活させるもの。多数の没メニューに大差をつけて復活したそれはいかなるものか?この番組を受けて実際に期間限定で販売されました。焼肉だれで味付けされた牛バラ肉と直火焼チキンを、炭水化物のバンズに代えてパティ(ハンバーグ状の肉)で挟む、まさに「肉×3バーガー」。毎月29日(ニクの日)発売が決定。果たしてこれは多様な日本の食におけるB級グルメのモンスターでしょうか?わたくしはそうは見ていません。歯科技工用

 番組で見たその瞬間に、わたくしが直感したのはバランスです。今、ブーム化している炭水化物ダイエット。炭水化物を減らすことでカロリー摂取を減らすことが可能。まさにそれに見えます。しかしダイエットは超過を減らすことだけをさすわけではありません。足りていないものを摂らねばダイエットではありません。実は日本人、特に高齢者の多くが栄養失調となっています。栄養状態が戦争直後よりも悪いという報告もあり、厚労省もこの数年、高齢者こそ肉食をと呼びかけています。ホワイトニング

にくにくにくバーガーはその視点にマッチしています。実食してみるとモスバーガーらしい優しく甘みのあるソースと新鮮なレタスが三種の肉とマッチしてとても美味しく、お腹の底から元気が湧いてくるようでした。飲み物と合わせるとちょっとしたディナーの出費ですが、もはやハンバーガーというカテゴリーが多様化して、ファストフードから高級ステーキレベルまで多様な存在に成長している現在です。
2017/10/20(金) 17:10 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 【南風原】こども医療費助成事業で窓口負担をなくす「現物給付」を、今年1月に沖縄県内で初めて導入した南風原町が2日、1月から7月までの子ども1人当たりの医療費・受診件数の前年比の伸び率を発表した。歯科以外の医療機関「医科」の1人当たりの受診件数は、現物給付導入前の2016年の前年比6・22%増に対し、導入後の今年は前年比3・26%増だった。安易な受診が増えるとみられがちな現物給付だが、受診件数の伸び率は逆に減少していることが分かった。 歯科レントゲン

 一方、低所得世帯の受診率が低いとされる歯科の1人当たり受診件数は、前年比15・58%増で、受診を控えてきた世帯が通院している傾向が明らかになった。

 医療費の助成対象者は、0歳から中学卒業まで。医科の1人当たりの医療費は、導入前の16年が前年比5・98%増の1804円で、今年は前年比2・98%増の1857円だった。現物給付導入後の医療費の伸び率は、導入前より低かった。

 歯科の1人当たりの医療費は、16年が前年比5・41%増の213円だったが、受診件数の大幅な増加に伴い、今年は前年比27・14%増だった。 シェードガイド


 南風原町の担当者は「国民医療費は毎年伸び、子どもの数も増えているため医療費の合計は増えたが、1人当たりは増えていない。不要な『コンビニ受診』はない」と断言した。

https://latte.la/blog/100215866
2017/10/18(水) 18:18 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)