スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 10年以上前、手や足の裏に水疱状のものができ、病院に行ったところ「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」と診断されました。鎖骨付近に神経痛のような症状も現れ、ビオチン、ビタミンを配合した薬を1年半ほど飲んで治しました。しかし、ここ最近、また同じ症状が出るようになりました。この病気を完全に治す方法はあるのでしょうか。上手な付き合い方や最新治療などについて教えてください。(福井市、45歳女性) 歯科技工用

慢性炎症、金属アレルギーなど影響

 掌蹠膿疱症は、主に手のひらや足の裏に膿疱と呼ばれる小さな膿(うみ)のかたまりが多発する病気です。ただ、この膿の中に細菌(ばい菌)や真菌(カビ)などの菌はいませんので、手足から他の部位へ感染することはありません。他人に感染することもありません。相談者のように鎖骨や胸骨付近の関節に炎症が起こる場合もあります。ホワイトニング

 原因に関しては完全には分かっていませんが、扁桃(へんとう)炎や虫歯や歯周病などの慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。従って、自覚症状がなくても、耳鼻科や歯科の診察を受けた方がよいと考えます。

 また、歯科金属(パラジウムなど)による金属アレルギーも原因の一つと考えられています。皮膚科ではパッチテスト(疑われる金属を実際に皮膚に貼ってアレルギー反応が出るか確認する検査)を行い、金属アレルギーの有無を確認します。金属アレルギーがあれば歯科医師と相談し歯科金属の交換を考慮します。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201803260001/
2018/03/27(火) 16:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 福井県内で年間約2千人が発症する脳卒中。その6割を占める脳梗塞は脳血管に血栓(血の塊)が詰まる病気。血栓溶解剤を投与する治療が主流だが、血栓溶解剤は投与時間に制限があり、効果に個人差がみられることから近年、脳血管に血管カテーテル(細い管状の医療器具)を挿入して血栓を取り除く追加治療が積極的に行われるようになっている。高齢患者にも施術可能で、大きな後遺症を残さず回復する患者が増えている。歯冠修復

 脳梗塞の急性期治療は「tPA」という血栓溶解剤を4時間半以内に投与する治療により、患者の4割が回復するとされる。残る6割には効果がみられず、後遺症となることがある。近年、血管カテーテルや血栓除去用の診療素材が開発・改良され、短時間で安全に血流を再開する「急性期血栓除去術」を追加で行うことが可能になった。エアスケーラー

 カテーテルは太ももの付け根から挿入する。掃除機のように血栓を吸引するタイプと、地引き網のように血栓を絡め取って回収するステントタイプがある。tPAを投与しても血流が再開しない場合に実施し、血栓除去ができれば、施術直後から意識や会話、まひの改善がみられる。tPAを投与できない場合に行われるケースもある。

 県内では県立病院、福井赤十字病院、県済生会病院、福井大医学部附属病院などで行うことができる。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/fdc58474768f86050af0852ee481aa7c
2018/03/27(火) 15:55 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
映画『美人が婚活してみたら』の追加キャストが発表された。歯科技工用

2019年から公開される同作は、2016年から漫画アプリ「Vコミ」で配信がスタートした同名漫を実写化するもの。付き合う男性とは不倫ばかりで、大きな失恋をきっかけに燃え尽き症候群になった「アラサー女性」のタカコが、人生の一発逆転を結婚に求め、婚活をしていく中で、大切なものに気づいていくというあらすじだ。主人公のタカコ役に黒川芽以がキャスティング。監督は『勝手にふるえてろ』の大九明子、脚本はじろう(シソンヌ)が務める。ホワイトニング

今回出演が発表されたのは、タカコの親友で専業主婦のケイコ役を演じる臼田あさ美、タカコと婚活サイトで出会い、彼女に一目惚れする園木役の中村倫也、タカコがシングルズバーで出会う歯科医の「モテ男」矢田部役の田中圭。

臼田あさ美は同作の出演について「この作品は女性監督が撮る意味があるような気がして、その中でも大九監督はユーモアたっぷりに作ってくれるだろうなという楽しみでいっぱいになりました」とコメント。

また中村倫也は「10代の頃から友人の黒川さん主演で、大好きな大九監督演出のもと、園木という変人?いやチャーミングな男を演じることができ、嬉しく思います」、田中圭は「男とは女性の気持ちが分かりようがない生き物だと思っている僕ですが(笑)この作品には女性が共感できるところがふんだんにあるだろうと、男が女性を知れる映画だと思っています。僕もこの映画で勉強しました」と語っている。

https://adental.on.omisenomikata.jp/diary/1801066
2018/03/26(月) 15:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
医師会が解説

 宮前区医師会・歯科医師会・薬剤師会と区まちづくり協議会が連携して実施する、フレイル(虚弱)予防を目的とした「カフェ・サロン情報交換会」。その第2回目が16日、区役所で行われた。歯冠修復

 今回は医師会が、医師の立場からフレイル予防について解説。在宅医療や区内の医療体制についての情報を参加者らに伝えた。エアスケーラー

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/a61de904ed8686980010dad0a6a2baa9
2018/03/26(月) 15:06 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 長崎大学病院は22日、同病院敷地内の禁煙だけでなく、たばこと喫煙関連具の持ち込み自体も禁止する「タバコフリーホスピタル」の実現に向けて、「禁煙実践病院」と書かれた看板を長崎市坂本1丁目の同病院ロータリーに設置した。歯科技工用

 看板設置は、東京五輪・パラリンピック開催の2020年の「タバコフリーホスピタル宣言」に向けた取り組みの一つ。同病院は、受動喫煙防止のため、08年から敷地内を全面禁煙とした。ただ、たばこを持ち込み敷地外で喫煙する病院関係者も出ており、病院周辺で受動喫煙が起きている現状もあるという。ホワイトニング

 同日、除幕式があり、河野茂長崎大学長と増崎英明長崎大学病院長が除幕。増崎病院長は「みなさんに禁煙の重要性を分かってもらい、受動喫煙の予防につなげたい」と語った。

http://athena.osakazine.net/e674597.html
2018/03/24(土) 15:27 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 重い心臓病を患い米国で移植手術を受けた福島県棚倉町の中川西祐綺(なかがわさいゆき)ちゃん(2)が亡くなったことが22日、分かった。支援する「ゆきちゃんを救う会」(事務局・棚倉町)によると、帰国後に容体が悪化し、21日夜に大阪府内の病院で息を引き取った。歯冠修復

 昨年7月に移植手術を受けた祐綺ちゃんは今年1月の帰国時には歩けるまでに回復していた。経過観察のため入院していた府内の病院で体調が悪化。臓器移植後に発症しやすい腫瘍が腸に見つかり、転院して治療を受けていた。エアスケーラー

 祐綺ちゃんは生後3カ月で拡張型心筋症と診断され、昨年6月に両親と共に渡米した。救う会は、手術などに必要な費用を集めるために募金活動を展開し、県内外から3億円を超える支援金が寄せられた。救う会顧問の藤田幸秀さん(32)は「ここまで生き抜いてくれた祐綺ちゃんと、支えてくれた多くのみなさんに改めて感謝したい」と語った。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201803230001/
2018/03/24(土) 15:20 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。