――河瀬先生は、石巻市を中心に「男の介護教室」を開いています。宮城県出身の知人が、驚いていました。男女の役割分担が固定化していることが多い地域で、男性が介護や料理をするようになったのは、すごいことだ、と。歯科技工用

男性介護者にも、さまざまな方がいます。確かに「介護をするようになるまで、台所に入ったことがない」という人もいます。たとえば農業をしていた方は「おコメを作ったことはあるけれど、おにぎりは作ったことがない」という具合に。ホワイトニング

一方、石巻は漁業も盛んです。遠洋漁業をしていた人は、若いときは同じ船の先輩たちの食事を全部作るんです。だから、魚もさばけるし料理は得意です。得意分野が異なる男性同士がお互いに教えあう光景も見られます。

――介護は肉体的にも精神的にも重労働です。男性の場合、一般的に言って家事経験が少ないことに由来する困難もある、と聞きますが、本当に人それぞれですね。

そうですね。妻や親の介護が必要になって初めて料理をしたとか、要介護となった母親の洋服をどこで買ったらいいかわからず困った、という声も確かにあります。

また、介護者同士の情報交換の機会が、女性に比べて少ない、という課題もあります。

介護者向けには、自治体が「カフェ」のように、お茶を飲んでおしゃべりしながら情報交換できる場を作ることがあります。ただ、そういう場に男性が参加する例は非常に少ないと思います。「おしゃべり」が得意ではないのかもしれません。

http://athena.kyo2.jp/e528116.html
2018/04/30(月) 16:28 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
近い将来、私たちの誰もが介護したり、してもらったりする時代が来る。歯冠修復

今から7年後の2025年には、65歳以上に占める認知症患者は約700万人、およそ5人にひとりになる(「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」九州大学・二宮利治教授らの2014年度の調査、行政効果報告を参照)。エアスケーラー

介護は「お嫁さんの仕事」というのは一世代前の話だ。介護者全体に占める「子の配偶者(いわゆる婿や嫁)」は9.7%まで低下した。

一方、同居の介護者に占める男性割合は増え続け、直近で34%になっている。男女ともに介護者は60代以上が7割となっており、自身の健康が気になる世代による介護が当たり前だ(平成28年、厚生労働省・国民生活基礎調査)。

今回は、宮城県石巻市における男性介護者支援の取り組みを見る。

石巻市の高齢化率は31.09%で日本全国平均の27.3%(2017年3月時点)を上回る。7年前の東日本大震災で津波被害の大きかった半島地域は、高齢化率がさらに高く、牡鹿では46.49%と人口の半分近くが高齢者だ。こうした地域は、日本全体が近い将来、直面する課題を先取りして経験している。

震災後、長野県から宮城県に移り住み、地域医療を支える歯科医として働く河瀬聡一朗医師は、仕事の傍ら、男性介護者の支援に取り組む。河瀬医師が見てきた、男性たちの家事や介護の実態とは?

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/edb410687564f5bf051d4855c0602a23
2018/04/30(月) 16:23 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 沖縄県や愛知県で、はしかの患者が急増していることを受け、大型連休を前に札幌市保健所は「沖縄に旅行する人も多い。ワクチン接種しているか確認を」と注意を呼びかけている。歯科技工用

 沖縄県によると、県内では3月下旬から患者が出始め、今月25日までに70人が感染。愛知県では沖縄を訪れた男性から広がり、5人の感染が確認されている。札幌市保健所と道立衛生研究所によると、道内での感染例はまだないという。ホワイトニング

 発熱やせきの症状が出た後、39度以上の高熱と発疹が出る。肺炎や中耳炎を合併しやすく、重症化すると命に関わる場合もある。

http://athena.kyo2.jp/e528079.html
2018/04/27(金) 12:27 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 人口10万人当たりの医師数が全国最下位の埼玉県に、好転の兆しが見え始めた。2014年から2年間の医師増加数が全国3位であることが判明。県は医大生への独自の奨学金制度や、研修医の受け入れ策が功を奏したとみている。 (井上峻輔)

 「医師や看護職員の確保が順調にいっている。県民に心配をかけているが、良い方向に向かっていると確認してほしい」。上田清司知事は二十四日の定例会見で胸をはった。歯冠修復

 厚生労働省の一六年末時点の調査によると、県内の医療施設で働く医師数は一万一千六百六十七人で全国九位。前回の調査があった一四年から六百九人増えていて、増加数と増加率はともに全国三位だった。

 県が大きな要因とするのは、一〇年度から始めた医学生への奨学金制度だ。六年間で最大約千五百万円を支給する。卒業後に県北や秩父など医師不足の地域で九年間勤務すれば、返還を免除する仕組み。八年間で二百十五人の学生が利用している。エアスケーラー

 一三年には県と医師会などが「県総合医局機構」を設立し、医学部卒業後の研修先に県内の病院を選んでもらうための活動に取り組んできた。合同説明会や見学ツアーを企画するとともに、研修後の医師のキャリア形成にも力を入れた。その結果、一七年の初期研修医は〇三年の二倍に増え、増加数と増加率は、ともに全国一位となったという。

 ただ、人口十万人当たりの医師数が全国最下位である状況は変わらない。県は地域保健医療計画で二〇年末までの最下位脱却を目標に掲げている。四十六位の茨城県を抜くには、一六年末時点の数字で仮定しても千五百人ほどを上積みする必要がある。他県も医師確保に力を入れる中で、最下位脱却は「おそらく難しい」(県担当者)という状況だ。

 それでも上田知事は「数字のトリックがある」として、人口当たりの医師数にはこだわらない姿勢を示す。埼玉県は東京都など県外で医療行為を受ける人も多く、県単独での数字の評価が難しいと考えるためだ。

 今後は医師の地域偏在と診療科偏在の解消に力を入れていく方針で、医師数は「時間がたてばおのずから増えていく」としている。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/7ce705bb5ba3c33142eb8e01d2e2d667
2018/04/27(金) 12:23 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 糖尿病で通院する60代女性は、初診時に歯が何本もないような状態だったので、歯科治療も同時に受けることを勧めました。2回目以降は受診時にマスクをしていたため歯の状態は分からなかったのですが、1年以上たったある日、「実は歯科治療を受けていません」と言います。何度か歯科を受診したものの、治療がうまくいかず、中断しているそうです。マスクをしていたのは、歯がないのを見られたくなかったためのようです。歯科技工用

 糖尿病の診療をしていると、今まで良好だった血糖値が急に悪化する場面にたびたび遭遇します。原因はさまざまですが、入れ歯が合わなかったり歯の治療中だったりで、しっかりかめないことが原因の場合が割と多くあります。ホワイトニング

 糖尿病は全身に炎症を起こす病気ですが、一方で体のどこかに炎症があれば糖尿病は悪化します。炎症は口の中も無関係ではなく、口の渇きや歯の脱落、歯科治療後の治りの悪さなどから糖尿病が発覚することがあり、口内環境と糖尿病は密接に関係しています。

 例えば、歯周病は歯茎など歯を支える組織に炎症を起こす病気ですが、歯周病があると糖尿病は悪化します。また、糖尿病が悪ければ歯周病もさらに悪化するというように、歯周病と糖尿病は悪循環の関係にあるといえます。

http://athena.kyo2.jp/e528030.html
2018/04/26(木) 16:28 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 東京五輪に向けて禁煙ムードが高まっているが、福井県内では男女ともに喫煙者が増加に転じたことが、2016年の県民健康・栄養調査で明らかになった。歯冠修復

 男性で35・9%と5年前より5・1ポイント増え、全国の減少傾向に逆行。県健康増進課は公共施設の禁煙化や集中的な啓発活動を進めており、「今秋には国体もあり、少しずつ意識を高める」としている。

 調査はおよそ5年ごとで、今回は2016年10~11月、無作為に選ばれた県内の世帯の中から、284世帯823人が回答した。エアスケーラー

 習慣的に喫煙する男性の割合は、減少傾向が続く全国の30・2%(11年比2・2ポイント減)を5ポイント強上回った。女性も8・2%(4・3ポイント増)で、これまでの調査では全国より少なかったが、今回は同率で並んだ。

 年代別でみると、男性は30歳代の半数近くが喫煙し、20歳代も45・5%(12・9ポイント増)と高かった。女性では40歳代が12・3%(9・7ポイント増)と伸びが目立った。

 20年の東京五輪・パラリンピックに向けて全国的に禁煙の流れが強まっているのに、県内は逆行する結果となり、県は今秋の国体を念頭に、対策を急ぐ。

 公共施設での全面禁煙を進めるため、現在は建物内のみ禁煙としている県庁舎で、敷地内全てを禁煙にできるよう段階的に調整を進める。県によると、17市町の役所で敷地内禁煙としているところはまだなく、県が先駆けて実施することで、市町の公共施設にも禁煙化を促す。

 17年10月には県医師会などによる受動喫煙防止対策協議会も設立された。今年からは5月31日の「世界禁煙デー」などに加え、10月26日を「ふくいノースモーキングデー」と定め、集中的に啓発活動を行う。

 18~23年度の「がん対策推進計画」で県が定めた22年度の目標は、男性20・6%、女性3・5%。今回特に高かった20歳代男性を30%に下げるとした。

 調査では、男性でメタボリックシンドロームが疑われる人の割合が、全国より5ポイント高い32%だった。過去1年に歯科検診を受けた人の割合は、男性で45・5%(17・5ポイント増)、女性で51・3%(13・5ポイント増)と前回より大きく伸びたが、全国平均には届かなかった。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/c52471ab74026974403b85f644777ce0
2018/04/26(木) 16:25 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)