スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 歯科医が銀歯を真っ二つに割ってみると、中では虫歯が再発していた(画像参照)。患者に聞くと、特別な痛みは感じていなかったという。スキルの高い歯科医に、ズサンな銀歯を見抜いてもらっていなかったら、虫歯が深く進行して“抜歯”になっていた可能性が高い。歯科技工用

 歯科業界には、他の歯医者の手抜きを指摘しないという不文律がある。だから私たち患者は、手抜き銀歯が蔓延していることを知らなかったのだ。こうした手抜き銀歯は、歯を失う“負の連鎖”をスタートさせていた。東京医科歯科大学の田上順次副学長が指摘する。ホワイトニング

「適合性が悪い(=歯の形状に合っていない)銀歯では、二次カリエスと呼ばれる虫歯の再発が起きます。銀歯と歯の隙間から、細菌が侵入してしまうのが原因で、銀歯の装着に使用したセメントが溶けて隙間ができている場合もあります。

 虫歯が再発すると、再び歯を削らなければなりません。そうすると、神経に感染が起きやすくなります。感染した神経は抜くしかありません(抜髄)。神経を抜いた歯は、寿命が短くなります」

 虫歯になったら歯を削り、銀歯を被せる──そこに「歯を失う連鎖」が隠されていたのだ。

https://plaza.rakuten.co.jp/dentaljp/diary/201805280001/
2018/05/31(木) 17:26 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。歯冠修復

 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。エアスケーラー

 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。

https://blogs.yahoo.co.jp/uraeloene/18538027.html
2018/05/31(木) 17:23 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 このように、社会全体が臭いに対して敏感になっている風潮の中、スメハラの原因である体臭の中で特に指摘されているのが、実は筆者の専門分野である「口臭」だ。歯科技工用

 ある製薬会社のアンケートによると、80%強もの人が他人の気になる臭いとして「口臭」を挙げており、口臭はスメハラの主要因の一つとなっている。ホワイトニング

 そこで、「口臭」とその原因について、この口臭への対応、つまりスメルマネジメントについて、順を追って説明していこう。

 まず「口臭」は多かれ少なかれ誰にでもあることを、前提として認識していただきたい。健康な人でも軽い口臭はあり、これは「生理的口臭」と呼ばれる。

 起床時、空腹時、緊張時などの日常生活において、時として口臭がきついと感じることがあるだろう。こうした生理的口臭は、食事や水分を摂取したりすることで、ヒトの鼻では感じないレベルに下がるため、問題とはならない。

 この「生理的口臭」とは対照的に、明らかな不快感を伴う「病的口臭」がスメハラ問題となるのだ。

「病的口臭」とは、その言葉の通り正常ではない強い臭いを指し、食事や水分の摂取では消失せず、その原因を除去しない限り不快な臭いが続く。

 この「病的口臭」の原因は一体何だろうか。

http://athena.kyo2.jp/e529230.html
2018/05/28(月) 17:08 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 近年、セクシャルハラスメント(セクハラ)やパワーハラスメント(パワハラ)に続いて、「スメルハラスメント」という言葉が取り沙汰されてきていることをご存じだろうか。歯冠修復

 スメルハラスメント(通称:スメハラ)とは、まさにその名の通り、“臭い”によるハラスメントのことであり、その人が発する臭い、すなわち体臭を原因とした周囲に不快な思いをさせる行為を指す。エアスケーラー

 スメハラはハラスメントの一種ではあるものの、セクハラやパワハラとは異なり法律で規制されておらず、意図的な場合だけではなく、意図せず自己の悪臭に気がつかぬまま周囲に迷惑をかけていることも多い。

 特に、臭いは感じ方に個人差があること、そして個々の体質が関係することもあるため、安易に指摘することは人権侵害につながるという懸念の声もあり、極めて扱いにくい複雑な問題だ。

 以前までは、このようなデリケートな臭いに関する問題は声を大きくして指摘されることはなかった。しかし、近年の匿名性の高いSNSなどの普及によって頻繁に話題に上るようになり、思いのほか他人の臭いを不快に感じている人が多いことが理解されるようになってきた。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/d4d3237832a0aec32cf2b39106713457
2018/05/28(月) 17:05 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
子供から大人まで、笑顔で終われる歯科治療を実現

株式会社BiPSEE(東京都渋谷区、代表取締役 松村雅代)は、2018年5月8日より、「BiPSEE歯科VR」のブラッシュアップに協力頂けるパートナー歯科医院の募集を開始します。対象は東京23区内の20歯科医院。2か月間の無料体験を通じ、「患者さんの不安を軽減し、治そうとする力を引き出す歯科治療」を広めていきます。歯科技工用

「BiPSEE歯科VR」は、歯の治療中に患者さんが装着するVRサービス。ゴーグルで視界が遮断され、動画に集中することで患者さんの痛みと不安を和らげます。姿勢誘導技術(特許出願中)により治療に最適な姿勢を保つことができるため、歯医者さんにも好評なVRツールです。2017年にリリースしたβ版は、10歯科医院で導入されました。アンケートでは、96%のお子さんが“歯医者さん、楽しかった!”と答えています。ホワイトニング

「BiPSEE歯科VR」開発のきっかけは、小さなお子さんの歯科治療をトラウマにしたくない、という歯科医師の思いでした。お子さんは不安・怖れが強い上に言葉でのコミュニケーションが難しく、身体抑制(複数のスタッフがお子さんの身体を押さえつける)が選択されることもあります。本人はもちろん、親御さんにとっても歯科医師・スタッフにとっても大変つらいものです。

心療内科医である代表の松村にとって、歯科治療に対する不安の軽減は馴染みのある分野でした。心療内科は心身医学(身体だけではなく心理的社会的側面から症状を診る)を基盤とした内科。心身医学は歯科・小児科等でも実践されているアプローチです。治療を繰り返しても治らないかみ合わせの違和感や、原因不明の歯の痛み等で歯科医師と連携した経験がありました。

大切にしたことは3点です。

単に動画を見ることで気を紛らわせるのではなく、姿勢誘導技術(特許出願中)を用いて、無理なく正しい姿勢をキープできるようにする。
歯科治療が可能になる3歳のお子さんも使えるよう、斜視のリスクが懸念される3Dではなく安全な2Dの動画を用いる。
スタンプ機能(画面上にイラストやメッセージを表示する機能)を活用し、治療中のコミュニケーションをサポートする。

http://athena.kyo2.jp/e529134.html
2018/05/25(金) 17:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 歯と口の健康に関する情報発信、普及啓発を目的とした「三浦市歯のフェスティバル」が、6月10日(日)に催される。午後1時から4時、会場は三浦市民ホール。歯冠修復

 「歯と口の健康週間」にあわせて毎年開かれている同イベント。今年は「歯磨きで 朝から輝く 三浦っ子」と題し、午後2時から「幼稚園・保育園児よい歯の子」「小・中学生ポスター優秀作品」などの表彰式が行われる。当日は、歯科医による健診・相談、歯科衛生士会のハミガキ指導、食育に関する展示などが設けられている。入場無料。エアスケーラー

 詳細は市健康づくり課【電話】046・882・1111(内線370)

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/cca72af32444368a2e2979e6992f15b6
2018/05/25(金) 17:03 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。