日本は世界的に見て“睡眠不足の国”である。経済協力開発機構が2014年に行った国際比較調査において、各国の15歳~64歳までの男女の睡眠時間を比較すると、日本人の睡眠時間は、世界主要国29ヵ国の中で韓国に次いで2番目に短かった。歯科技工用

 最も睡眠時間の長かった南アフリカの9時間22分と比較して、日本人は男女ともに睡眠時間が8時間未満と、1時間30分以上も短かったのである。日本人の平均睡眠時間がこれほどまでに短くなっている要因としては、パソコンやスマートフォンの普及によって生活の夜型化が進んだことが挙げられるが、根底には日本人の睡眠に対する「意識の低さ」が影響していると考えられる。ホワイトニング

 近年になり、睡眠不足が、認知症やがんをはじめとする命にかかわる病気と関係することが明らかになってきた。それに従い、健康における睡眠の重要性が見直され、現代人の睡眠不足に対して警鐘が鳴らされている。

 しかし、日本人の睡眠時間は短い傾向にあることは言及した通りで、よって短い睡眠時間の中で、いかに良質な睡眠をとるかが重要となる。

 そこで今回は、睡眠の「質」を下げる主原因の一つである「睡眠時無呼吸症候群」について取り上げ、その対策方法について解説していきたい。

http://athena.kyo2.jp/e530335.html
2018/06/14(木) 17:19 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
1.長時間乾燥状態で放置されたり、歯根を洗ったりして歯根膜の機能が喪失してしまった場合。歯冠修復

歯が根元から抜けた場合に、再植し良好な結果を得るためには、歯根膜が傷害をうけずに生存していることが最も大切。前述のように30分が目安。長時間乾燥状態にあった歯を、その後牛乳などにつけても無効になってしまう。

2.歯根が破折したり亀裂が入っている場合。エアスケーラー

歯冠(歯肉の外に出てる白い歯の部分)が破折していても、歯根が形態的に存在すれば歯を残せることは多いが、歯根の形態が壊れている場合は予後不良となる可能性が高い。

3.歯が粉々になってしまった場合。

それでも、可能なかぎりのかけらを集め、牛乳などに浸けて歯科医院へ持参し、歯科医師の判断を仰ぐことが大切。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/d14cc114ebea0c1f16b8472d16686dba
2018/06/14(木) 17:04 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)