スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
ここで注意したいのが、私たちの体に暮らす常在菌は、基本的に「体外」にいるのであって、「体内」にはいないということだ。歯科技工用

皮膚は、体外。これには異論はないだろう。だが口腔内や腸内は? やはり、体外なのだ。口から消化管の内腔(ないくう)、肛門にかけては、1本の管であり、人は、簡略化すると、「竹輪(ちくわ)」のような形状をしている。管は、外界と交通しているので、「体外」であって、物質は、腸管の粘膜を通って吸収されて初めて、「体内」に入ったとみなされる。ホワイトニング

健康な状態では、体内は完全に無菌状態だ。本来、「私」の体内には、「私」以外の細胞は、存在してはならない。

それなのに、体内に菌がいるということは、「敵」の侵入を意味する。血管内に菌がいるということは、菌血症と呼ばれる異常な状態だ。全身をパトロールする戦士である免疫細胞は、戦闘モードになり、全身で炎症が引き起こされる。

http://athena.kyo2.jp/e530952.html
2018/06/30(土) 12:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
最近、医学的には、「炎症」こそが万病の元で、体のどこかに炎症があることは、全身の不具合を引き起こす原因になると考えられている。歯冠修復

炎症とは、体の中の戦士である免疫細胞によって引き起こされる「体内戦争」である。世界のどこかで戦争が起きていると、たとえ遠方であっても、世界全体の秩序を乱してしまう。エアスケーラー

たかが口腔内の戦争であっても、侮(あなど)ることなかれ。血流に乗って全身に火種がばら撒(ま)かれるのだ。

歯周ポケットに生息している歯周病菌は、炎症を起こすことで歯肉の細胞を破壊し、簡単に血液中に侵入する。実際に、歯周病患者の血液からは、口腔内にしかいないはずの歯周病菌が多く検出されている。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/9edb343dc887a46e8351f568dc50ee9f
2018/06/30(土) 11:55 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
年齢を重ねるにつれて、「なんだか自分の口臭が気になる」機会が増えてきませんか? それ、気のせいではありません! その原因は“舌”にあり!? 今回は、年齢とともに不快になる口臭*の原因と対策を紹介します。歯科技工用

口臭にも「加齢臭」がある!? ホワイトニング

口臭とは、口内から発生したにおいを他人が不快に感じられるもの。口臭はにおいの強い飲食物が原因になることもありますが、年齢を重ねるにつれて、口臭(生理的口臭のこと*。以下同じ)は不快になり、40代後半になると「社会的容認レベル」を超える人が増加します。社会的容認レベルとは、「50cm程度の距離で口臭が感じられない」状態。つまり、40代以降になると、近くにいる人が感じる口臭はますます不快になっています。このことから、口臭にも“加齢臭”があると考えられます。

http://athena.kyo2.jp/e530870.html
2018/06/28(木) 16:24 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
舌苔をうまく取り除くと嫌気性菌が減るため、口臭が抑えられます。ただし、ゴシゴシこすり落とそうとすると、舌が傷ついてしまいます。たとえば、しょうゆなどの調味料が舌にしみるほどこするのはNG。歯冠修復

舌のケアには、次のような方法がおすすめです。

・泡ハミガキ
泡タイプのハミガキを使います。きめ細かな泡を舌に直のせして、クチュクチュして口全体にいきわたらせた後、通常の歯磨きを行います。泡にはよごれを吸着しやすい性質があり、泡がきめ細かいほど泡の表面に多くの菌を吸着することができます。泡タイプのハミガキは、通常の歯磨きではたてることのできないきめ細かな泡ができるので、舌苔ケアに有効です。最近では、舌の上の菌のかたまりに着目して開発された泡ハミガキもあります。エアスケーラー

・やわらかい布で拭き取る
メガネ拭きに使うような、マイクロファイバーなどのやわらかい布を指に巻きつけ、舌苔をやさしくこすります。回数は1日1回程度まで。

舌苔がついているとニンニク臭も強くなる!?
ニンニク入りのパスタやギョウザのにおいを思い出してみてください。けっして悪臭ではなく、むしろ食欲をそそる良いにおいです。でも、ニンニク料理を食べた後は誰でも強い口臭を発します。その理由は、ニンニクに含まれる「アリシン」という成分をもとに、口の中の嫌気性菌が悪臭のもととなるガスをつくり出すからです。菌の数が多ければ、それだけガスの発生量も増えてしまいます。食後の口臭を抑えるためにも、舌をきちんとケアして菌が増え過ぎないように注意しましょう。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/995a167f37fbc412a1e7009b57788da2
2018/06/28(木) 16:19 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 心臓の筋肉が収縮する力が弱まり、血液のポンプ機能が低下する拡張型心筋症の一因は、大人に成長するにつれ心筋の「ばね」を短く、強くする遺伝子の変異であることが分かった。東京医科歯科大の黒柳秀人准教授や木村彰方教授らが16日までに、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。歯科技工用

 心筋のばねが弱い患者の場合、ばねを強くする正常な遺伝子か、同様の役割を果たす化合物を導入する治療法を将来開発できる可能性があるという。ホワイトニング

 拡張型心筋症になると、心臓のポンプ機能を担う左心室が拡張し、心筋の収縮力が弱まる。心筋は2種類のたんぱく質で構成される繊維の束が収縮するほか、「タイチン」と呼ばれるたんぱく質のばねも利用している。

 ばねは胎児期には長く、縮む力が弱いが、成長するにつれて短く、強いタイプが増える。タイチンを生み出す遺伝子は変わらないが、別の遺伝子「RBM20」が正常に作用すると短く強いばねになり、変異して作用しないと長く弱いままであることが、日米の患者の遺伝子解析や動物実験で解明された。

http://athena.kyo2.jp/e530816.html
2018/06/27(水) 11:36 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
学校の「歯科検診」で、歯の治療が必要とされた子供の半数以上が、その後歯科を受診していないことが初めてわかった。

全国保険医団体連合会によると、学校の歯科検診で、「治療が必要」と診断された子供のうち、その後に歯科医を受診しない子供は、小学校では約5割、中学校では約7割、高校では約8割にのぼった。歯冠修復

また、虫歯が10本以上あったり、根しか残っていないような歯が何本もあるなど、いわゆる「口くう崩壊」の子供がいると答えた学校は、小学校では全体の約4割、中学校では約3割、高校では約5割だった。エアスケーラー

歯科医を受診しない背景には、治療費が払えない経済的困窮や育児放棄など支援が必要な場合があるほか、ひとり親家庭や共働きで子供を歯科に連れて行く時間がない、子供本人も部活や塾で時間がないことなどが挙げられている。

東京歯科保険医協会理事 学校歯科医・橋本健一氏「小中学校で虫歯がある子供が減ってきたというのは統計上明らかだが、中には虫歯を多く抱えたお子さんが少数ながらまだいる。これでどうやってかむのかなと心配してしまうお子さんも学年1人とか2人います」

「乳歯は生え変わるから」と放置する保護者もいるということだが、乳歯のうちに、歯磨きや治療の習慣をつけないと大人の歯に生え変わった後も虫歯になってしまうと歯科医は警告している。

調査を行った保険医の団体は、子供の医療費助成制度の拡充や歯の健康を保つための取り組みの充実などを今後、国に求めていく方針。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/9aae37c3c720a1b48aaac6cbf1e9ecf7
2018/06/27(水) 11:32 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。