スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 離島の病院で手術中に患者から採取した組織標本の拡大画像をリアルタイムで都市部などの病院の病理医がチェックし病理診断、進行中の手術に役立てるシステムが長崎県で始まった。県上五島病院(新上五島町)が、情報通信技術(ICT)で長崎大学病院(長崎市)とつながる設備を導入したもの。県内の離島病院では初。今月上旬、乳がんの手術が成功した。歯科技工用

 病理診断とは、患者から採取した組織や細胞から作ったガラス標本を、病理医が顕微鏡や拡大画像で観察して病変の有無などを確かめること。手術と同時並行で行う病理診断を「迅速診断」と呼び、手術中しか組織が採取できない際などに不可欠。県上五島病院によると、迅速診断が必要な患者はこれまで島外で手術を受けていたが、今後は同病院で実施できるようになった。月1、2例程度の実施が見込まれる。ホワイトニング

 県上五島病院は、県病院企業団が運営する地域の基幹病院。病理診断充実を目的に今年、県の支援で病理検査室を新設。長崎大学病院と連携し、標本の拡大画像を県内の医療連携ネットワーク「あじさいネット」経由で遠隔から診断できる設備や機器を整えた。4月の診療報酬改定でICTの進歩を受け、遠隔病理診断などが新たに報酬対象に加わったことも背景にある。

 長崎大学病院によると、県内の病理医は2015年時点で本土部の主要8病院にしかおらず、高齢化も進んでいる。このため県の補助で同年「長崎病理医育成・診断センター」を開設。病理医育成に加え、離島などの病院から事前採取の標本を受け取って病理診断する支援を行っているが、画像による迅速診断は専用設備が必要なため実施していなかった。

 県上五島病院の八坂貴宏院長は「病理診断の充実は患者への医療サービス向上につながる」と話した。同センターの新野大介教授は「他の離島でも将来的に迅速診断が可能。県内の離島の病理診断を支えていきたい」としている。

http://athena.kyo2.jp/e531612.html
2018/07/18(水) 17:12 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 徳島大学病院歯科口腔外科の藤原茂樹助教らの研究グループが、電気を無線で送るワイヤレス給電式医療機器の開発に取り組んでいる。多くの電源ケーブルが使われている手術室などでの医療事故を防止するとともに、患者のバイタルサイン(体温、脈拍など)を医療機関のサーバーに伝送できるようにして、救急医療に役立てる。歯冠修復

 計画では、徳島大理工学部の敖金平准教授らが開発したマイクロ波帯の電波を使った送電装置を活用。血中酸素濃度を測定するパルスオキシメーターや点滴の薬液を送るポンプ装置に電力供給し、人体への影響や他の医療機器に誤作動が起きないかを確認する。

 不整脈の一種の心房細動の検査に用いる24時間心電計にも応用。複数のセンサーを患者の体に取り付けて使用する心電計のワイヤレス化により、患者は測定中も動きやすくなり、ケーブルが絡まったり引っ掛かったりする恐れが解消できると期待される。エアスケーラー

 県内の医療機関が保管する患者情報の共有システム「阿波あいネット」への接続を想定。救急救命や在宅医療に携わる医師が患者の情報を早期に把握できるようになり、より適切な治療がしやすくなる。

 研究は総務省の「戦略的情報通信研究推進事業」に選ばれ、2018、19年度の2年間で上限6000万円の研究費が支給される。

 藤原助教は「研究成果を挙げ、医療の安全に貢献したい」と話している。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/3a47b6abaa339897a261a0b027abea25
2018/07/18(水) 17:07 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。