スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 一見、真面目な歯医者のインタビュー。その最中に突然、背後に白装束の女性がすっと立つ。垂れ下がった髪に覆われた顔はよく見えないが、ニタリと開いた口に白い歯が……。実はこれ、佐賀県歯科医師会のPR動画だ。なぜ、こんな動画を?

 白装束、長髪の不気味な女性は佐賀のご当地アイドル「ピンキースカイ」の園田有由美(あゆみ)さん扮する「佐歯子(さばこ)」。「歯の妖精」との設定で、決めゼリフは「は(歯)~っ」だ。歯科技工用

 動画は約1分半~約3分の3本があり、1分半の「歯の妖精とゾンビ」編では、歯ブラシやデンタルフロスを持ち、コミカルに動く。実は歯の健康を保つためのポイントを訴えている。現役の歯科医もゾンビの特殊メイクで出演、歯並びの悪さが虫歯につながる恐れをアピールし、画面に向かって目をむく。矯正歯科を勧める狙いだ。歯科医師会も歯科医師「怪」とする徹底ぶりも見せる。ホワイトニング

 動画はあくまでも歯の健康に関する啓発のため。「有明海のエイリアン」とも呼ばれる珍魚ワラスボを起用し、話題になった佐賀市のプロモーションムービー「W・R・S・B」などを作った佐賀広告センターが手がけた。

 同社の宮副直記取締役によると、ネット上ではホラー調のものがよく見られているという。「真面目な団体のものほど見てもらえない傾向があるが、強く印象づけられる作品になったと思う」と話す。

 県歯科医師会によると、これまでも会の活動や虫歯予防についての動画は作っていたが、広がりは見られなかった。「『佐歯子』は会のイメージにそぐわないのでは」などと激しい議論があったが、「若者に興味を持たれないなら将来、会の意義はあるのか。今までにないやり方を」という若手の意見が通ったという。

 寺尾隆治会長は「会の目的は治療以前に口の健康を守ることだが、なかなか健診を受けてもらえない」とインパクトにこだわった理由を説明。「映像を見て、歯を大切にすれば健康で長生きできると知ってほしい」と訴えた。

http://athena.kyo2.jp/e532005.html
2018/07/27(金) 16:11 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
(1)つわりがひどくて歯磨きができない

小さめの歯ブラシ(子ども用でも構いません)を使い、少し前かがみの姿勢でかきだすように歯を磨いてみましょう。歯磨き粉が気持ち悪いときはつけずに磨いてください。歯ブラシを口に入れるのもつらいときは、食事の後にお水を飲んだり、口をゆすぐだけでもいいですよ。キシリトール100%のガムをかむのもいいでしょう。歯冠修復

(2)つねに食べているから歯磨きのタイミングがわからない

その都度歯磨きをするのがベターですが、難しければ、食べたら口をゆすぐ、あるいはお水を飲むということをおすすめします。歯科医院で販売しているキシリトールのチョコレートやガムがお好みに合う場合は、お口に入れるものをそのようなものにかえてみるのもいいでしょう。エアスケーラー

妊娠期は体の変化に戸惑うこともたくさんあると思いますが、神経質にならなくても大丈夫です。お腹の中の赤ちゃんのために、無理なくできることをしていきましょう。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/67113135a8f945221e335889e34bf6a2
2018/07/27(金) 16:08 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。