陸上選手時代も、歯科医に矯正治療を勧められたことが何度もあった。歯並びを適切にすることでかみ合わせを良くして、競技のパフォーマンス向上につなげる考え方があった。ただ、当時はそこまで気にしなかった。歯科技工用

 「ちょうどいい機会かもしれない」。4月、同病院の矯正歯科外来を受診した。ホワイトニング

 診察した松本芳郎(まつもとよしろう)講師(53)は、歯がでこぼこに生えている「叢生(そうせい)」と、上下の前歯が外側に傾く「上下顎前突」と判断した。いずれも、かみ合わせが正常でない「不正咬合(こうごう)」の一つ。寺田さんは通常よりもそれぞれの歯が大きいことが原因と考えられた。

 限られたあごの空間に歯を適切におさめ、前歯を後ろに下げるため、前から4番目の歯(第1小臼歯)を上下左右で計4本抜くことになった。この歯は矯正治療で抜歯が必要な場合、抜くことが多い。残っていた左右の下の親知らず2本も抜くことが決まった。

http://athena.kyo2.jp/e532764.html
2018/08/16(木) 12:12 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 7人制女子ラグビーに転向した寺田明日香さん(28)は体重を増やしたかったが、左上の親知らずのせいで思うように食べることができなかった。昨年1月、東京医科歯科大病院(東京都文京区)のスポーツ歯科外来を受診した。歯冠修復

 「親知らずがぶつかっている気がします」。寺田さんは診察を担当した中禮宏(ちゅうれいひろし)助教(46)に、そう伝えた。エアスケーラー

 X線検査により、歯茎の中に埋まっていた左上の親知らず(第3大臼歯)が下の歯茎にあたり、痛みが出ていることが確認できた。中禮さんが左上の親知らずを1、2ミリ削ると、下の歯茎にぶつからなくなった。しかし、しばらくすると、親知らずがまた出てきた。

 1月下旬、この親知らずを抜いてもらうと、歯がほおの内側に当たることはなくなり、口内炎にも悩まなくなった。寺田さんは「奥歯でかみしめられる」と実感した。筋力トレーニングや練習の際、踏ん張りやすくなったのが、うれしかった。

 右上の親知らずも、左上と同じように歯茎から出てきていた。痛みはなかったが、後日抜いてもらった。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/a6d1e87086334be31bd4b8b3bdd30715
2018/08/16(木) 12:09 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
2000年 東京女子医科大学と学術交流協定を締結
→2010年に大学院共同教育課程を開設
2007年 先進理工学部生命医科学科を開設
2008年 筑波大学と連携協力協定を締結/理工系3学部と筑波大学医学群との連携で両分野に精通した人材養成
2011年 茨城県、早稲田大学・鎌田薫総長(当時)に新設医学部を同県内の県畜産試験場跡地(笠間市)に設置するよう橋本昌知事(当時)の書簡を提出 歯科技工用
2011年 神戸大学医学部と連携協定を締結
2012年 茨城県議会、早稲田大医学部の県畜産試験場跡地への誘致を求める決議案を賛成多数で可決 ホワイトニング
2016年 稲門医師会を設立
2018年 医学部新設をマニフェストに盛り込んだ田中愛治教授が総長に当選

東京女子医科大学、筑波大学、神戸大学とそれぞれ協定を締結。理工系3学部と医学部(群)との人材交流・養成を進めています。

早稲田大学が医学部新設を表明していないのに、茨城県は誘致を県議会で決議しています。

2016年の稲門医師会とは、早稲田大学を卒業後、医学部に入り直し、医師となった卒業生を中心とした卒業生組織です。

早稲田大学はこの稲門医師会についてのリリースを出していますが、そのタイトルは「医学部のない早稲田大学に『稲門医師会』が誕生」

それぞれ細かい動きを見ていくと、医学部新設を相当意識していると見るのが自然でしょう。

そして、7月の総長選挙に当選した田中愛治教授はマニフェスト第3弾の「『世界で輝くWASEDA』に何が必要か? CHANGE for Waseda!」の中で「医学部の検討」という項目を入れています。

「世界で輝く WASEDA」を実現するためには、生命医科学の研究・教育を抜本的に拡充する必要があります。新たに医学部を本学が増設することは全国医学部長病院長会議の承認が必要なため、ほぼ不可能と言われています。したがって、実行可能性を見極めつつも、単科医科大学を吸収合併する戦略に絞って考えていく必要があります。

http://athena.kyo2.jp/e532728.html
2018/08/15(水) 11:44 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
医療系学部を持つ総合大学でなくても、もし東京医科大学を買収、医学部が新設できれば、他学部も含めて人気が上昇します。格も上がりますし、数百億円以上、買収費用がかかるとしても、それを高い、とは考えない総合大学は少なからずあります。歯冠修復

医療系学部がなくても、医学部新設が悲願でもある総合大学と言えば、私大の雄・早稲田大学。エアスケーラー

大隈重信が早稲田大学を開設したときは資金難。その後も何度か、話が出ては消えています。

西原春夫元総長によると、約100年も前に、理工学部と医学部両方の開設を目指して募金を集めたところ金額が足りず、理工学部を選んだ経緯がある。西原氏が総長だった80年代も、多くの校友から「医学部を持ってくれ」「『早稲田付属病院』で死にたい」という声が寄せられていた、という。

「当時、複数の有力な単科医科大学から合併の申し入れがあったんです。ものすごく強く希望した大学もあったが、OBからの反対など相手側の要因でつぶれるのが常でした。ただ、当時と今の状況はまた違いますから、今後のことはわかりませんけどね」

「AERA」2006年12月4日号 「『慶応大薬学部』の実力 早慶『医薬』合併バトルと『次』の全予測」

が、早稲田大学は医学部新設の布石とも取れる動きを2000年代以降に進めています。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/488a1e76b5e47dab904f5d2156ce95b8
2018/08/15(水) 11:41 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 急なケガの対処法は覚えていて損はない知識。しかし、意外と知られていない応急処置も結構あります。とある歯科医の呟きが「意外と知らなかった知識」と大拡散しています。歯科技工用

 その知識とは、不意のケガで歯が根元から抜けてしまった時の応急処置。歯科医の“新生姜”さんが「今日、部活中に顔面強打して前歯が抜けたって子が来院したんだけど、抜けた歯を持ってきてくれたのはいいけど綺麗にピカピカに洗ってあった…… 抜けた歯は洗っちゃダメ、そのまま牛乳につけて持ってきてくれたら再植できる可能性あるから」とつぶやいています。ホワイトニング

 続くツイートで「ベストなのは生理食塩水につけて持ってきてくれる事だけど難しいから 牛乳も未開封のものが望ましいので、コンビニで小さいパック買うのが良 どれも無理なら自分の口に入れて口腔外科に来て下さい、あまり舐めないように」と。

 このツイートには「今の保健室には歯の保存液もあるはず」「遅くても30分以内に歯科医に持っていく事」などの知識がさらに追加でリプライされているほか、「もっと昔に知っていれば」「この知識のおかげでケガで抜けた前歯が治りました」など大きな反響になっています。

 野球やソフトボール、バスケやテニスなど、顔面を強打する可能性のある競技は様々。さらに日常でも自転車で転んで顔面を打つなどで歯が抜けてしまうケガとなる事もあり得ます。新生姜さんの他の人へのリプライで「牛乳は浸透圧が人体と同じ」という点と「入手しやすい」点において牛乳に浸けて受診する様奨めています。

http://athena.kyo2.jp/e532690.html
2018/08/14(火) 16:56 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 日本の歯科治療ではこの負の連鎖を加速させる“古い常識”が定着してしまっている。歯冠修復

 虫歯の治療中に痛みを感じるのは“健康な部分まで削っている”からだとご存じだろうか。虫歯菌に感染した部分は、神経がダメになってしまっているので削っても痛くない。痛いのは周囲の感染していない部分まで大きく削ってしまうためだ。長崎大学歯学部の久保至誠准教授に健全な歯を削る理由を解説してもらった。エアスケーラー

「“予防拡大”という100年以上前に確立された、虫歯治療の基本原則があるからです。これは二次カリエスを予防するため、虫歯になりそうな健康な歯の溝などを、あらかじめ削って金属に替える考え方です。歯ブラシが届かず、プラークが溜まりやすそうな部分を削って、金属面にする。言うなれば、転ばぬ先の杖。

 でも、これは大きなお世話だったと近年になって分かりました。金属部分は虫歯になりませんが、大きく削ってしまうと、歯の寿命は短くなるからです」

 必要もないのに大きく削って、手抜きの銀歯がかぶせられ、虫歯が再発するとさらに削られる。患者は“歯医者で治療してもらった”と思っていても、その実は歯の寿命を縮めていた可能性が高いのだ。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/2efe10ec4fed39bc59cd0c88156f1e05
2018/08/14(火) 16:53 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)