スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 積極的な治療には、体外から衝撃波を当てる方法(ESWL)と手術があり、手術は尿道から内視鏡を挿入して行うもの(TUL)と、背中から腎臓に管を刺し、そこから内視鏡を挿入するもの(PNL)に分類されます。歯科技工用

 治療後5年以内の再発率は45%といわれ、再発予防も重要です。1日2リットル以上の飲水(いんすい)や規則正しい食生活が再発予防につながるほか、結石の成分によってはシュウ酸(葉菜類やお茶など)やプリン体(レバーや魚介類、ビールなど)の過剰摂取を避けることも再発予防になります。ホワイトニング

 腎結石で症状が出る場合、腰の辺りが痛くなるのが特徴です。股間の右側の痛みは腎結石とは無関係と思われるため、整形外科にご相談ください。また今後、腎結石が増大したり症状が出現したりする可能性もあるため、最寄りの病院や泌尿器科で定期的な検査を受けることをお勧めします。

http://athena.kyo2.jp/e533584.html
2018/09/07(金) 12:17 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 2月の豪雪で連日除雪していた際、股間の右側に鈍い痛みを感じました。それからは、普段は何ともないのですが、畑仕事やウオーキングで無理をしたときに痛みます。近くの内科でエコー検査したところ、腎結石があり、大きさは1・08センチと言われました。特に治療の必要はないとのことでしたが、石が大きくならないか心配です。腎結石についてや、今後気を付けることなどがあれば教えてください。(福井県鯖江市、78歳男性) 歯冠修復

 【お答えします】島田貴史 福井県済生会病院 泌尿器科医長

 ■10ミリ以上で治療も考慮

 尿は腎臓で作られ、尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道を経て体外へ排出されます。これら尿の通り道を尿路と総称します。尿路にはさまざまな原因で結石が形成されることがあり、発生した部位により腎結石や尿管結石などと呼ばれます。エアスケーラー

 男性では7人に1人、女性は15人に1人が、一生に一度は罹患(りかん)するとされており、好発年齢は男性40代、女性は50代です。

 症状は血尿と疼痛(とうつう)です。疼痛は尿路の急激な閉塞(へいそく)によって生じるため、腎結石が存在しても尿管に下降しなければ無症状のことが多いです。尿路が閉塞した状態が続くと、細菌感染を来すことがあり(腎盂腎炎(じんうじんえん))、38度以上の強い発熱が起こり、放っておくと敗血症に至って、最悪の場合、命に関わることもあります。

 次に治療方針ですが、小さい結石や症状がない時は経過をみます。ただし、尿管結石の場合はサイズが10ミリ以上、あるいは1カ月様子をみても排石しないときには積極的な治療を選択します。また、腎結石の場合、増大傾向にある結石や10ミリを超える結石の場合は積極的な治療も考慮され、複数の結石があったり症状出現の可能性が高いと思われたりする場合には積極的な治療を選択します。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/f2c785f422e8a7b85377697bb14fef19
2018/09/07(金) 12:12 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。