スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 酷暑が強く印象に残った今年の六~八月、熱中症疑いによる津市内の緊急出動件数が、昨年の三倍近くにのぼったことが、消防への取材で分かった。特に、急激に暑くなった七月の出動件数は二百三十八件と、ひと月あたりで過去最多に。津市消防本部は、来年の夏に向け市民に注意喚起するとともに、意識向上のため九日の救急フェアへの参加も呼びかけている。歯科技工用

 今年六月の緊急出動件数は十八件で昨年の十三件より少し増えた程度だったが、連日最高気温が三〇度を大幅に上回るなど気温が急上昇した七月は二百三十八件で、昨年の六十二件の約三・八倍となった。八月も百二十九件で、七月より減少したものの、昨年八月の五十六件に比べて約二・三倍となった。ホワイトニング

 市消防本部によると、今年目立ったのは、墓参りや畑仕事を一人でしていて倒れたところをすぐに発見してもらえず、重篤な熱中症となったケース。発見が遅くなるほど命に関わる事態に陥るため、消防本部担当者は「気分が悪くなったらすぐ周りに伝えられるように、畑仕事はご夫婦でするなど、一人にならないよう心掛けてほしい」と話す。重症の場合は発見から救急車が到着するまでの応急処置も重要になるため、消防では九日の救急フェアへの参加や、救命講習の受講を呼びかけている。

 もし様子が普段と異なるが、救急車を呼ぶべきかどうか迷う際は、医師や看護師が対応する津市救急・健康相談ダイヤル=0120(840)299=や、質問に答えると対応を教えてくれるスマートフォンのアプリ「Q助」の利用が効果的だ。こうしたサービスの活用は「結果的に救急車の適正利用にもつながる」と担当者は話す。

http://athena.kyo2.jp/e533619.html
2018/09/08(土) 12:24 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 栃木市教育委員会は七日、市立大平西小学校一年の女児(6つ)が給食を食べた後にショック症状を起こし、救急搬送されたと明らかにした。乳製品アレルギーがあったが、市教委側の手違いで乳入りのカレーを口にしたという。軽症で翌日から通学したが、保護者の不信感は強く、弁当持参の意向を市教委に伝えている。青木千津子教育長は「大変申し訳ない。命に関わる重大事故と受け止め、原因究明と再発防止に努める」と謝罪した。歯冠修復

 市教委によると、女児は五日の給食で代替え食のカレーを食べ、約一時間後、体調不調を訴えた。せき込み、体にじんま疹、皮膚のかゆみが出たという。エアスケーラー

 学校は救急車を要請し、母親にも連絡。母親が持ち込んだ緊急治療薬エピペンを救急救命士が注射し、自治医大付属病院に搬送した。診断は乳製品を食べたことが原因のアナフィラキシーショックだった。

 女児は就学前から乳製品アレルギーがあり、普段から別メニューだった。

 市教委の聞き取りなどによると、乳製品アレルギーがある子ども向けの代替え食用の「乳無し」カレールーを受注した「県学校給食会」(宇都宮市)が取り違えて「乳入り」を配送。給食を作る大平給食センターの調理委託業者も食材の確認を怠るなど、複数の人的ミスが重なったという。

 同日、同様のアレルギーがある別の小学校の二年男児(8つ)にも同じカレーを提供していた。男児に症状は出なかったという。

 市教委は「食物アレルギーに関する重大な事案」として県教委に報告。調査委員会を立ち上げて一カ月をめどに原因を究明し、再発防止策を打ち出す方針。

 この問題で六日、大川秀子市長が保護者に謝罪した。保護者の不信感は強く、市教委に「九月中は弁当を持参させてもらう」と伝えたという。

 市内の小中学生数は一万一千六百八十四人(四月現在)。うち食物アレルギーがあるのは六百八十六人(5・9%)。年々、増加する傾向にあるという。(梅村武史)

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/de566608354d8b2207d7cf64ab27ef13
2018/09/08(土) 12:15 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。