スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
子供のうちから歯科矯正をする意味
子供の内から歯科矯正を行う目的はやはり歯並びの矯正です。悪い歯並びだと虫歯や歯周病などを引き起こしてしまうリスクがあります。また、顎の発育を整えるという目的もあります。顎がしっかり発育しないと咀嚼に問題が出てきたり、滑舌や、顔のゆがみまで引き起こしてしまう可能性があります。大人になってから顎の骨の治療を考えた場合、外科的な手術が必要になってしまう場合があるため、できる限り子供の内に改善させておく必要があります。歯科技工用

●歯科矯正をする時期は?
子供の矯正治療は、6歳から10歳にかけての永久歯に生え変わる時期からスタートするのが適切と言われています。完全に永久歯になってしまってからは抜歯をして歯並びを整えるためのスペースを作らなければならない場合があります。乳歯段階であれば、器具の装着だけでスペースを作ることも可能な場合があります。また、この時期に矯正を始めれば顎の成長を促すことも抑制することも可能です。ホワイトニング

●全体の費用と保険や医療費控除は?
矯正費用の相場は一般的には50万円~100万円程度です。
子供の矯正時期には、第一治療期(3~10歳)と、第二治療期(中学生以降)があります。
乳歯に対する矯正治療の期間を第一治療期、永久歯に対する矯正治療の期間を第二治療期といいます。費用としては、第一治療期(3~10歳)は30~50万円程度、第二治療期(中学生以降)は70~100万円程度です。
第一治療期から矯正治療をしていて、そのまま第二治療を行う場合は、25~60万の費用相場になります。
矯正の費用は、矯正装置や口の状態で大きく変動がありますので、主治医としっかり話し合うことが大切です。
一般的に、子どもの歯科矯正も健康保険の適用外です。しかし、顎の骨のアンバランスさなどで引き起こされる「顎変形症」の場合には、健康保険が適用になります。

http://athena.kyo2.jp/e512432.html
2017/09/05(火) 18:15 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください