「3歳以上の犬や猫の8割以上が歯周病というデータもあり、それを説明すると、皆さん驚かれます。状況は悪化し続けており、最近では1歳未満の小型犬の9割がすでに歯周病で、歯を支えているあごの骨が溶けだしています」歯科技工用

忍び寄る“ペット歯周病”の危険性について警鐘を鳴らすのは、フジタ動物病院(埼玉県)の院長を務める藤田桂一先生。藤田先生が開業したのは29年前。当時から、日本ではまだ注目されていなかった犬猫の歯科診療に取り組み、獣医歯科分野で博士号を習得。重度の歯周病に対応できる数少ない獣医師として、全国からやって来る多くの歯周病の犬や猫の診療をしている。前述の“あごの骨が溶けだす”というのは、どういう症状なのだろうか。ホワイトニング

「口腔内には500~800種類の細菌がいます。歯垢となって歯の根元についたそれらの細菌が最初、歯肉に炎症を起こします。この歯肉炎を放置すると、このなかの細菌のうち、歯周病菌が歯の根っこに入り込んで、歯周炎を起こすのです。歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病と呼び、悪化すると、あごの骨まで溶かしてしまうんです」(藤田先生・以下同)

歯周病になるメカニズムは、人間も動物も同じだが、“ペットが歯周病になる”ということ自体を認識していない飼い主も多いという。

「まず炎症による口臭がして、そのうち歯の周辺の組織が溶かされて歯がぐらついてくるのですが、皆さんなかなか気が付きません。あごを骨折して、初めて病院に来る方も多いのです」

http://athena.kyo2.jp/e513214.html
2017/09/20(水) 17:23 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL