国立がん研究センター(東京)は、全国から集めた寄付金で、信頼できるがん情報をまとめた冊子などの資料を、全国の図書館や公民館に贈るプロジェクトを始めた。歯科技工用

 同センターは、科学的根拠に基づく情報を、インターネットや全国のがん診療連携拠点病院を通じて発信しているが、ネットが使えない人や、拠点病院が近くにない人に情報が届きにくいのが課題だった。そこで身近な公共図書館などに情報を届ける仕組みを考えた。ホワイトニング

 寄贈するのは、同センターがん対策情報センターが作製した、がんの種類ごとの解説や、家族ががんになったときの接し方のヒントなどをまとめた計58種類の冊子と、展示用のバインダーやラックのセット。

 寄付は千円からで、ウェブサイト経由や銀行振り込みなどが可能。寄付先の都道府県の指定もできる。指定された都道府県への寄付金が3万円集まるごとに、1館に1セットを贈る。贈り先は都道府県立図書館と相談して決める。本年度は計3千万円を集め千カ所に寄贈するのが目標で、来年度以降も継続する。

 がん対策情報センターの高山智子部長は「がんについて気軽に学べる場を全国に増やしてほしい」と協力を呼び掛ける。高山さんによると、既に独自の取り組みで冊子を置いている図書館では、来館者からの問い合わせが増えたり、司書が拠点病院のがん相談支援センターを紹介したりするなどの成果が上がっているという。

 プロジェクトの問い合わせは国立がん研究センター「がん情報ギフト」担当へ。電話03(3542)2511。

http://athena.kyo2.jp/e513681.html
2017/10/02(月) 16:06 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL