世界遺産日本食を産み出した食の究極もあればB級グルメという分野や大食いバトルまで、じつに日本の食文化は多彩です。わたくしが目を見張ったのは6月中旬にたまたまバラエティ番組で見たモスフードサービスの「にくにくにくバーガー」。番組はメニュー開発過程でボツになったものを出演者が試食し、協議の上で復活させるもの。多数の没メニューに大差をつけて復活したそれはいかなるものか?この番組を受けて実際に期間限定で販売されました。焼肉だれで味付けされた牛バラ肉と直火焼チキンを、炭水化物のバンズに代えてパティ(ハンバーグ状の肉)で挟む、まさに「肉×3バーガー」。毎月29日(ニクの日)発売が決定。果たしてこれは多様な日本の食におけるB級グルメのモンスターでしょうか?わたくしはそうは見ていません。歯科技工用

 番組で見たその瞬間に、わたくしが直感したのはバランスです。今、ブーム化している炭水化物ダイエット。炭水化物を減らすことでカロリー摂取を減らすことが可能。まさにそれに見えます。しかしダイエットは超過を減らすことだけをさすわけではありません。足りていないものを摂らねばダイエットではありません。実は日本人、特に高齢者の多くが栄養失調となっています。栄養状態が戦争直後よりも悪いという報告もあり、厚労省もこの数年、高齢者こそ肉食をと呼びかけています。ホワイトニング

にくにくにくバーガーはその視点にマッチしています。実食してみるとモスバーガーらしい優しく甘みのあるソースと新鮮なレタスが三種の肉とマッチしてとても美味しく、お腹の底から元気が湧いてくるようでした。飲み物と合わせるとちょっとしたディナーの出費ですが、もはやハンバーガーというカテゴリーが多様化して、ファストフードから高級ステーキレベルまで多様な存在に成長している現在です。
2017/10/20(金) 17:10 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください