スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 政治団体「日本歯科医師連盟(日歯連)」の迂回献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入、量的制限超過)の罪に問われた元副理事長村田憙信被告(72)の論告求刑公判が24日、東京地裁(前田巌裁判長)で開かれた。検察側は禁錮2年6月を求刑した。歯科技工用

 検察側は、参院選立候補者側への寄付について、被告が日歯連の常任理事会で「迂回の形を取る」と説明していたと指摘。「組織の利益を最優先し、国民の政治不信を招く悪質な犯行だ」と述べた。弁護側の最終弁論は11月16日に実施される。ホワイトニング

 日歯連の前会長高木幹正被告(72)と元会長堤直文被告(75)も規正法違反罪で起訴され、公判中。

http://athena.kyo2.jp/e515047.html
2017/10/27(金) 17:29 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください