毎日行っているのが歯磨きですが、間違った方法だと逆効果になることも。抗菌作用の高い歯磨き粉やマウスウォッシュは、虫歯や歯周病菌の除菌だけでなく、お口の中の良い菌も全て殺菌してしまう可能性があります。歯周病の進行や虫歯が多発している環境を一時的に良くするには有効ですが、予防として常用するには注意が必要です。過剰なケアで良い菌まで殺菌してしまうことは、菌のバランスを崩す可能性があるため、避けた方が望ましいのです。虫歯予防のためには、正しく「菌」を活用する必要があるのですね。そこで注目したいのが、「バクテリアセラピー」です。歯科技工用

バクテリアセラピーって?ホワイトニング

バクテリアセラピーとは「善玉菌を利用して体内に常在する菌の質やバランスを改善する細菌療法」のこと。虫歯を予防するためには悪玉菌をなくせば良いのですが、抗生剤を用いて悪玉菌をなくすのではなく、善玉菌を摂取して体内で数を増やすことで、悪玉菌の力を抑えようとするものです。歯科クリニックでも「口内菌活」、いわゆる悪玉菌除去という目的でクリーニングや歯肉マッサージなどの治療を行っていますが、簡単にできるセルフケアもたくさんあります。

http://athena.kyo2.jp/e515958.html
2017/11/16(木) 17:58 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL