スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 1月29日~2月4日の県感染症情報によると、80定点医療機関のインフルエンザ患者報告数は前週から39人減の4405人で、2週連続で減少した。県健康危機管理課は「わずかに減ったが、ピークは続いており注意が必要」としている。歯科技工用

 定点当たりの患者数は55・06人で、県全体で警報レベルが続く。御船を除く10保健所地域で警報レベルを超え、菊池(75・63人)、人吉(75・40人)、宇城(63・17人)などが特に多い。ホワイトニング

 型別の迅速検査では、B型が9割弱を占める。B型にかかった後A型にかかる例もあり、同課は「手洗いやマスク着用による『予防』の徹底と、せきやくしゃみを人に向けない『うつさない』両方の対策をとってほしい」と呼び掛ける。

 咽頭結膜熱(50定点)が17人増の40人で、菊池が警報レベルにある。百日ぜきが1人、報告された。(林田賢一郎)

http://athena.kyo2.jp/e524430.html
2018/02/09(金) 16:13 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください