スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
口の中だけでなく、胃腸からの口臭ということもあります。胃腸で異常発酵したガスが身体に吸収され、血管内を通り肺に運ばれ、吐く息に悪臭ガスが混じることで、息も臭くなります。そのため、腸内環境を良好に保つことが口臭の予防につながります。歯科技工用

<においが強い食べ物対策>
実際ににおいが強い食べ物を食べるときの予防策としては、飲食をする前に乳製品を摂取するとよいでしょう。乳製品のタンパク質が胃に膜を張り、食べ物やアルコールの臭い成分が全身の血液を循環することを防いでくれます。ホワイトニング

食前もしくは食事中に、乳製品を摂取しましょう。

口臭の改善方法
口臭の原因は、90%が口腔由来、10%が内臓疾患由来のものだと言われています。
原因を特定できたら、それに適した治療をすれば、おのずと改善していきます。
口腔由来のものには、「虫歯」「歯周病」「舌の汚れ」があります。
虫歯になると、虫歯の原因菌が歯を酸で溶かし、そのときに発生する匂いが口臭となります。そのため、虫歯の治療をしないで放っておいてもよくなることはありません。

http://athena.kyo2.jp/e524476.html
2018/02/11(日) 15:37 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください