舌の上や頬の裏側など口の中にできて、違和感や痛みを伴う口内炎。食事のときなど、痛いですよね。それに、食事の刺激によって、口内炎がさらにひどくなることもあります。

この口内炎、出来やすい人と、あまり出来ない人がいるようです。口腔内カメラしょっちゅう出来てしまう方は、本当に大変だと思います。
口内炎は普通なら数日で自然に治る病気ですが、いつまでたってもよくならない場合は、口の中のがん「口腔がん」と関係する場合があるらしいです。マイクロモータ用-ハンドピース

Woodpecker®超音波スケーラー用ライト付きハンドピースHW-5L(UDSシリーズ)

他のがんと同じように、口腔がんも早期に発見すれば、治すことができます。口腔がんは、診察の際 直接目で見ることができるというメリットもあるそうです。しかし、早期に発見される割合は、未だに20%に満たないとのこと。

口の中にがんができるということ自体、Water Pik ウォーターピックまだまだ知られていないらしく、痛みなどの自覚症状がないことも多く、口内炎と見過ごされ、早期発見の機会を逃すこともあるそうです。
歯も含め、口の中のことは、なかなか自分ではわかりませんので、歯科医院に行って診てもらうと、安心できると思います。神戸インプラントセンターでは無料で電話相談も出来ますので、お気軽にご相談くださいね。

関連記事:ロコモティブシンドローム(運動器症候群)について学ぶ
2017/05/10(水) 12:00 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL