CAMBRA(Caries Management By Risk Assessment、以下CAMBRA(TM))は、カリフォルニア歯科医師会とカリフォルニア大学サンフランシスコ校の共同により開発された、将来のう蝕発生リスクの分類とリスク別推奨処置をプロトコル化したう蝕管理法。歯科先進国アメリカにおいて歯科大学65校中40校が教育プログラムとして導入しており、う蝕管理のスタンダードとして既に確立されている。歯科技工用

 日本では、株式会社ヨシダ(東京都台東区、代表取締役社長:山中一剛)と株式会社KIDS DENTAL PARK(東京都港区、代表取締役社長:神保剛康)の二社による独占契約の管理プログラムとなっている。ホワイトニング

 専用機器による唾液検査や細菌の測定、磨き残しチェック、生活習慣に関する問診など、さまざまな数値や視診から、口腔内のリスクを4段階評価。「現在の口腔内の健康状態」と「元々の口腔内の個人資質」、「生活習慣」から虫歯を起こす力と虫歯を防ぐ力のバランスがどちらに傾いているかを評価し、一人ひとりのライフスタイルに合ったプログラムで口腔内バランスを管理する。

http://athena.kyo2.jp/e529626.html
2018/06/04(月) 17:59 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください