スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
 自分自身がいつ被害者になるかも、加害者になっているかもわからない「スメルハラスメント」問題。

 まずは、一人ひとりが「周囲の人に迷惑をかけるリスク」に対して配慮と心配りをすることこそが、スメルハラスメント対策、すなわちスメルマネジメントの第一歩と考える。歯科技工用

 日々の診療において、来院される患者さんの中には企業の役員クラスの方もいらっしゃる。彼らに共通しているのは、自分が“他人に不快と思われるリスク”に対する管理を常にしている点だ。ホワイトニング

 我々、歯科に関わる仕事をしている者は、口の中を見れば一目瞭然、その人のバックグラウンドや立場は容易に想像がつく。

 口の中には、その方のマナー、身だしなみ、生活の全てが現れている。当然のことながら、彼らの中に自分が発する臭いに無頓着という人はおらず、誰もが青年のように爽やかである。

 自分の臭いに敏感ということは、相手への気遣いができるということだ。どんなに洒落た服装、持ち物で着飾っていても、自分が発する臭いに無頓着という人は自己管理ができていないことを意味するのではないか。

 目に見えないものに気を配れることも、一流人として必要な資質の一要素であると考える。口の中のことはつい安易に考えがちであるが、体臭の最たるものは「口臭」である。相手と良好なコミュニケーションをとり、より良い成果を上げるためにも、口臭には十分に気を配っていただきたい。

http://athena.kyo2.jp/e531135.html
2018/07/04(水) 15:21 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください