■1. 歯周病には禁忌
効果があるのは、虫歯の痛みだけです。歯ぐきや粘膜に触れたままにすることも禁止されています。歯周病で歯ぐきの腫れが強い場合には、切開を行い、膿を出すとともに抗生物質による投薬を行わなくてはなりません。歯科技工用

■2. あくまで応急処置のみ
正露丸を利用するときは、痛みの軽減が目的。その結果、痛みが減少したとしても虫歯が治ったわけではなく、虫歯治療などで利用する白い仮の詰め物と同じ鎮痛、鎮静作用が中心です。ホワイトニング

■3. においに注意
正露丸を歯に詰めることによって、独特なにおいがします。口臭と間違われることも考えておきましょう。

■4. 歯が浮いた感じのときは利用しない
歯が炎症によって浮いてしまい、噛んで痛いときは、薬よりも噛み合わせの調整が効果的です。自分での応急処置では効果がないことも多いのですぐに歯科医院で診察してもらいましょう。

■5. 神経のない歯には効果なし
歯に穴があったとしても、すでに神経を抜く治療がしてある場合には、効果はありません。

http://athena.kyo2.jp/e531346.html
2018/07/10(火) 12:54 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください