スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
私は歯が丈夫な方なので、一度歯医者に行けば、次に行くのは10年後という感じでした。

歯を磨き、フロスをしているので、それが多かれ少なかれ効いていたのでしょう。家族に促されて年2回歯医者に行くようになっても、虫歯すら見つかったことがありません。歯科技工用

しかし、20代前半に親知らずが生えてきてからは、診てもらった歯医者全員が、親知らずは本当に抜いた方がいいと力説してきました。

親知らずというのは、抜くのが一般的な治療法です。米国公衆衛生誌に載っていた2007年の研究によると、年間に500万人が1000万本の親知らずを抜いているそうです。実際、10代後半〜20代前半の若者にとっては人生の通過儀礼のようなものです。ホワイトニング

あと数週間で39歳になる私は、いまだに4本の親知らずがすべて残っており、なかなかのレアケースだと思います。なぜなら「どうして完璧に機能している健康な骨格の一部を、自発的に抜かなければならないのだろう?」とずっと考えていたからです。

しかし、一番最近の検診で、親知らずのせいで奥歯を完璧にきれいに掃除しようとすると痛みや出血がどうしても伴う、と歯科衛生士が言いました。

それで、私は麻酔を2本打ってかなり不快な思いをしながら、さらにしっかりと歯を掃除するために、数週間後にまた歯医者に行かなければなりませんでした。

治療の後、Uberに乗って、口の中で血の味を味わいながら、動かない顔で運転手の世間話に返事をしつつ、親知らずを抜かないという自分の人生のスタンスについて考え直しはじめました。

結局、親知らずは問題を起こしていないという私の持論が覆されたからです。

http://athena.kyo2.jp/e532421.html
2018/08/07(火) 13:21 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください