スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
陸上選手時代も、歯科医に矯正治療を勧められたことが何度もあった。歯並びを適切にすることでかみ合わせを良くして、競技のパフォーマンス向上につなげる考え方があった。ただ、当時はそこまで気にしなかった。歯科技工用

 「ちょうどいい機会かもしれない」。4月、同病院の矯正歯科外来を受診した。ホワイトニング

 診察した松本芳郎(まつもとよしろう)講師(53)は、歯がでこぼこに生えている「叢生(そうせい)」と、上下の前歯が外側に傾く「上下顎前突」と判断した。いずれも、かみ合わせが正常でない「不正咬合(こうごう)」の一つ。寺田さんは通常よりもそれぞれの歯が大きいことが原因と考えられた。

 限られたあごの空間に歯を適切におさめ、前歯を後ろに下げるため、前から4番目の歯(第1小臼歯)を上下左右で計4本抜くことになった。この歯は矯正治療で抜歯が必要な場合、抜くことが多い。残っていた左右の下の親知らず2本も抜くことが決まった。

http://athena.kyo2.jp/e532764.html
2018/08/16(木) 12:12 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください