スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
歯科医療のトラブルを手がける高梨滋雄弁護士は、インプラントや矯正治療で、問題が起きるケースに共通した「傾向」があると警鐘を鳴らす。歯科技工用

「ワンデー◯◯のように、短期間、手軽さ、をセールストークにしている歯科医院の治療で、問題が続出しています。たとえば、インプラントの治療は3カ月から6カ月間かけて顎の骨に結合する時間が必要ですが、それを抜歯、インプラントの手術、仮歯装着まで、手術当日にやってしまう。忙しい人には魅力的に映るかもしれませんが、生理学的にも無理があるので、インプラントの脱落や、感染が起きるなど、リスクが伴う治療法です」 ホワイトニング

こうした歯科医院は、ホームページで「その日のうちに理想の歯が手に入る」などと、メリットを強調しているが、高梨弁護士が指摘しているリスクについての記述は見当たらない。

今年6月に改正された医療法では、患者の体験談を広告として使用することを禁じているが、それも堂々と掲載している。コンプライアンスに欠けた歯医者が、安全な医療を行っているのか疑問だ。

http://athena.kyo2.jp/e533006.html
2018/08/23(木) 11:50 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください