歯科医院は医療機器のリース導入で初期投資を抑えて比較的容易に開設できる。このため、患者数が見込める人口の多い首都圏や利便性の高い駅前などに歯科医院の開設が相次ぐ要因になっている。歯科技工用

 歯科医院間の患者争奪戦は激しく、(1990年代に入って保険診療の幅が広がったことで)保険診療だけの経営維持は難しくなっている。生き残りをかけて(高額だが)自由診療のインプラントやホワイトニング、美容歯科など、独自色を出した集客競争が繰り広げられている。ホワイトニング

 さらに、ここにきて歯科衛生士、事務スタッフなどの人手確保へのコスト上昇も大きな課題に浮かび上がっている。

 テナント代や設備投資に加え、詰め物金属など歯材コストも上昇し、歯科医院の経営は年々難しさを増している。こうした環境を反映して2018年4月も2件の倒産が発生しており、歯科医院の倒産は小規模医院を中心に増加をたどる可能性が高い。

http://athena.kyo2.jp/e534030.html
2018/09/19(水) 12:14 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください