30分遅刻した患者をキャンセルにしたらキレられた――。そんな内容の投稿が1月上旬、インターネット掲示板にされて話題になった。

投稿によると、遅刻したのは、歯科クリニックの患者のようだ。遅刻の電話1本もなく、予約時間に来なかったため、投稿者は「ドタキャン」と判断し、準備した機材を片付けた。ところが、患者は30分後に遅れてやって来て、「当たり前のように謝りもせず怒った」という。歯科技工用

一般的に、歯科クリニックなどでは、予約せずに来院すると待ち時間が長くなるため、予約をすすめられる。投稿者は「せめて電話してほしかった」と嘆いているが、そもそもキャンセル扱いは問題ないのだろうか。今回のような客にはどのように対応すべきだろうか。山岸純弁護士に聞いた。

「予約時間に遅れてお客さんが来ても意味がない」

「お客さんが特定の日時に治療の予約を申し込み、歯科クリニックが承諾した段階で、両者の間には、委任契約の一種である『歯科診療契約』が成立したと考えることができます。ホワイトニング

この『歯科診療契約』に基づいて、お客さんは歯科クリニックに『治療費を支払う』という義務(債務)のほかに、歯科医の診療に協力すべく予約時間に歯科クリニックに行く義務を負っています。

しかし、今回のケースで、お客さんは『歯科医の診療に協力する義務』を怠っています」

では、この契約で、歯科クリニックの義務はどんな義務を負うのだろうか。

「歯科クリニックが負う義務(債務)は、ずばり予約時間に患者を診療することです。ただ、予約時間にお客さんが来ない場合、歯科クリニックがこの債務(義務)を履行することはできません」

http://athena.kyo2.jp/e510505.html
2017/07/27(木) 18:30 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL