親知らずは、きちんと生えることがあまりなく、歯肉が部分的に被さったままになる人も少なくありません。これによって周囲が不潔になり、歯肉に炎症を起こしやすい状態となります。

これを「智歯周囲炎」と言い、20歳前後の人に多く見られます。ほかの年代の人でも、親知らずが中途半端に生えた状態になっていると起こります。智歯周囲炎が周囲の軟組織や顎骨に広がると顔が腫れたり、口が開きにくくなったりすることがあります。歯科技工用

妊婦の場合

妊娠中は歯肉にトラブルが起きやすいので、親知らずがある場合は、特に注意が必要です。ホワイトニング

妊娠中は麻酔を使う抜歯は避けたほうがいいので、もし腫れてしまった場合などはまめな消毒や薬の服用で様子を見ます。女性で将来トラブルになりそうな親知らずがある人は、妊娠前にあらかじめ抜歯をしておくほうがいいでしょう。


http://athena.kyo2.jp/e511654.html

2017/08/22(火) 18:10 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0) TB(0)

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください

TRACKBACK

TRACKBACK URL