Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
「インプラントに関するトラブルは、いまだに多く起きています。少し前に来院した40代の男性は、別の病院でインプラントの治療を受けていました。歯科技工用

土台となる金属部品を差し込み、その上に被せ物をしたのですが、直後からその部分がグラグラし始め、ものを噛めない状態になってしまったと、相談にいらっしゃったのです」

こう語るのは、「削らない治療」を標榜する天野歯科医院の天野聖志院長である。ホワイトニング

周知の通りインプラントとは、歯を抜いてしまった後、アゴの骨にネジ状の金属部品を差し込み、それを土台に、セラミックなどでつくった人工の歯を被せたものだ。

保険適用外なので、価格は医院によって異なるが、相場では1本10万~100万円とかなり高価で、値段の幅も大きい。

「入れ歯やブリッジに比べて高価ですが、うまく治療できれば、入れ歯よりも硬い食べ物も噛みやすく、自分の歯を使って過ごしていた時と比べても生活の質が低下しにくい」(日本歯学センターの田北行宏院長)

しかし、腕の悪い医師がカネ目当てでインプラントを設置すると、先に天野氏が述べたように、つけた直後からグラグラし始める、ネジが骨から取れてしまう、歯茎に炎症が出る、ひどい場合には、アゴの神経を傷つけて口内が麻痺してしまうトラブルが起きる。

http://athena.kyo2.jp/e533443.html
2018/09/03(月) 21:50 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
歯の治療には、「本当に必要か?」と思うことがたくさんある。でも、いくつか質問をするだけで、その要不要が判別できるんです。歯冠修復

「残念なことですが、歯医者の中には、カネ儲けのため、患者にとっては必要のない治療をする人がいることも確かです。彼らは必要もないのに、虫歯を削る、何度も作り直しが必要な義歯を誂えるなど、ムダな治療を行っています」

著書に『歯科医は今日も、やりたい放題』がある林歯科の林晋哉院長はこう溜め息をつく。林氏が言う通り、歯の治療には「ムダ」がつきもの。カネ儲けのためには、その治療が必要であるかのようにウソをつく歯医者もいる。患者はどうウソを見破ればいいのか。エアスケーラー

有効なのは、「質問」だ。歯科医の提案に対して的確に質問をぶつけられれば、それが本当に必要な治療かどうかを見抜ける。

提案を受けたケースごとに、どのような質問をすればいいのかを紹介していこう。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/c629643fca9fa5bff08eb5c23dc02fd9
2018/09/03(月) 21:47 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp )は、8月22日に『歯をみがくのをやめると超健康になる!———行列ができる名医シリーズ』著者佐藤仁、中田美知子を、キンドル電子書籍ストアにて配信開始いたしました。歯科技工用

■『歯をみがくのをやめると超健康になる!———行列ができる名医シリーズ』著者佐藤仁、中田美知子
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/2PecKlj
・アマゾン書籍   https://amzn.to/2nO8VqR

「やっておけばよかった…」
55歳から74歳の1000人が一番後悔した健康習慣は?ホワイトニング

答えはなんと、禁煙でもなく、ダイエットでもなく
「歯の定期検診を受ければよかった」。

食事の楽しみ、脳の健康、顔の見た目、気力、お金……

失ってからそのダメージの大きさに気づくのでは遅いのです。

また、近年、歯周病は、糖尿病や心筋梗塞といった
全身の病気と関係があることもわかってきています。

・口臭が気になる
・歯と歯の間に、食べカスが詰まりやすい
・冷たいものや、熱いものを食べると歯にしみる
・歯ぐきが赤くはれる
・歯をみがくと、血が出ることがある
・朝起きたとき、口の中がネバネバしている

こんな症状があったら、もう歯周病が進行している可能性大。
今からでも間に合います。

本書の方法を実践すれば、あなただけは後悔を避けられるのです。

http://athena.kyo2.jp/e533346.html
2018/09/03(月) 01:16 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
 「幸せに暮らせる医療を提供したい」。東京電力福島第1原発事故による避難指示が2016(平成28)年7月に解除された南相馬市小高区で、神奈川県藤沢市から移住した歯科医の磯部誠一さん(68)らが1日、区内唯一となる歯科医院「今村歯科・矯正歯科医院」を開業する。歯冠修復

 開業するのは磯部さんと、日大松戸歯学部の同窓生で小高区出身の矯正歯科医、今村隆一さん(62)。今村さんの父・故隆馬さんが同区で歯科医院を経営していたが、原発事故による避難指示で休業。再開を模索していた今村さんから「再開には一般の歯科医が必要」との相談を受け、磯部さんが移住を決断。藤沢市の診療所を7月に閉業し、同居する家族の反対を押し切って単身、小高に入った。エアスケーラー

 「新しく何かをすることは面白いこと。被災地だからこそ、最初に開設することに意味がある」と磯部さん。「住民にとってここが癒やしの場になってもらえればうれしい」と白い歯を見せ、診療所での新たな出会いを心待ちにしている。

 同医院は予約制で一般、矯正、予防歯科、口腔(こうくう)外科の4科。時間は午前9時~午後5時。水、日曜日と祝日休診。医師2人、歯科衛生士1人、事務1人の4人体制で診療に当たる。住所は小高区仲町1の43の6。

https://blog.goo.ne.jp/oreenn/e/99ec322b28452775fa1ef4fe8d1aa0e6
2018/09/03(月) 01:13 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.