Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.
次世代のものづくり技術として注目を集める金属用3Dプリンターの実用化が身近なところでもみられるようになってきた。産業技術総合研究所(産総研)はこのほど、アイディエス(荒木政幸社長)と共同で、3Dプリンター用コバルトクロム合金粉末の薬事承認を取得し、患者に最適な人工歯を用いた歯科治療を可能にしたと発表。同技術の適用により破損しにくく、患者に最適な人工歯(入れ歯)の短時間製造が可能になる。3Dプリンターは、加工時間が遅く量産品の製造に適さないなどの理由から、試作品や砂型などで適用がみられるが、製品そのものに対する適用はまだ事例が少ない。今回の実用化がさらなる普及のきっかけになることが期待される。歯科技工用

 人工歯の作製に用いる歯科材料は、医薬品医療機器等法に基づき、通常は第三者認証機関により認証されるが、積層造形した人工歯(補綴修復物)は製造方法が新技術となるため、認証品目としては取り扱えない。このため厚生労働大臣による認可となり、医薬品医療機器総合機構による審査が必要となるため、歯科材料製造販売業者などは薬事製造販売承認申請に消極的な面がみられた。ホワイトニング

http://athena.kyo2.jp/e532837.html
2018/08/19(日) 21:54 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください